日刊サイゾー トップ > 芸能  > 田中圭“密会報道”の「本丸」は別に

田中圭と内田理央の“密会報道”は、ど~でもいい!? ネタの「本丸」は別にアリ!

『おっさんずラブ』番組公式インスタグラム(@ossanslove)より

 ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)でおなじみの俳優・田中圭に、女優の内田理央との密会報道が飛び出した。報じたのは「女性セブン」(小学館)で、田中は都内の雀荘で高齢者と麻雀を打ったあと、飲食店の個室で内田と合流。和やかムードで食事と会話は進み、そのまま別々に帰路に就いたという。

 内田は8日、都内で行われた「貝印ポップアップストア KAIの家」オープニイベントに俳優の八嶋智人と参加。セブンの報道を受け、密会報道について「週刊誌にお名前が出ていますが……」などと報道陣から問われると「ちょっと変に書かれていますけど、本当にただのご近所会。(田中は)仲間であり良い先輩で座長です」と、単なる食事会だったことを強調。八嶋も「あいつは最近売れてきて調子に乗ってるから! 男としては調子に乗ってるときこそ、友達とワイワイしたいだろうし、その中にかわいい子がいたらうれしいだろうし、ただ家庭もありますしね。だから調子に乗ってるんですよ、あいつは!」と乗っかった。

 今回ばかりはセブンの早とちり……かにも見えるが、そもそも田中と内田の密会は、ネタの重要部分ではないという。

 実はこのネタの本丸は、田中が忙しい合間を縫って、雀荘に足しげく通い、レートは安いものの、賭け麻雀に興じていたという箇所だ。

「1000点100円という庶民的なレートで滞在時間も短いことから、法的には許容範囲内ですが、田中は大の博打好きで有名。セブンがこのタイミングで田中をベタ張りしたのは、女性関係ではなく、ギャンブルに関するなんらかの情報を聞きつけたからではないでしょうか。3カ月ほど前から、彼のギャンブル狂いに関する真偽不明の情報が、業界を駆け巡っていましたから」(スポーツ紙記者)

 今回はギリギリセーフとなったようだが、油断しないほうがよさそうだ。

最終更新:2018/11/10 10:00
こんな記事も読まれています

田中圭と内田理央の“密会報道”は、ど~でもいい!? ネタの「本丸」は別にアリ!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

『どるから』石井館長がJKに!?

 今回ご紹介する『どるから』、単行本の表紙と...…
写真
インタビュー

原田龍二、なぜ裸のおじさんに?

 数多くのTVドラマやVシネ作品に出演する、俳優・原田龍二。芸歴26年を数えるベテラ...…
写真