日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 『M-1』決勝に見る“出来レース”感

『M-1』決勝進出者に透けて見える「霜降り明星」ゴリ押しと、敗者復活は「ミキ」の出来レース感

吉本興業公式サイトより

 12月2日にテレビ朝日系で放送される『M-1グランプリ2018』の決勝進出者が発表された。4年連続決勝進出の和牛とスーパーマラドーナのほか、かまいたち、ジャルジャル、ゆにばーすの3組は2年連続、さらにギャロップ、霜降り明星、トム・ブラウン、見取り図の4組が初の決勝進出となった。この9組に敗者復活1組を加えた10組で、決勝戦が行われる。

 半数以上が昨年と同じメンツとなった『M-1』決勝戦。カギを握るのは、霜降り明星だと話すのは、とある放送作家だ。

「吉本はここ最近、霜降り明星を強くプッシュしているのですが、知名度こそ上がってはきているものの、世間的に“面白いコンビ”という印象は残せていない。そんな中での今回の『M-1』決勝進出ということで、吉本的にも霜降り明星を大々的に売り出すチャンスだと考えているはずです。少なからずバックアップもあるだろうから、そこそこ良い結果を出すのではないでしょうか」

 その吉本が、霜降り明星とともにプッシュし続けているのが、昨年決勝戦に残ったものの、今年は決勝進出とならなかった兄弟コンビ・ミキだ。

「今の敗者復活戦は視聴者投票で決まるので、面白さよりも人気が結果を左右するシステムとなっている。そういう意味では、人気がダントツのミキは敗者復活大本命です。関係者の間では“どうせミキなんだから、ネタをやる必要もない。出来レースだ”なんて言われているくらい。吉本としては、ミキはプッシュしなくても敗者復活で上がってくると踏んで、その1枠をほかのコンビに与えたという形なのかもしれません」(同)

 一方、今年の予選で最も会場を沸かせていたのは、昨年決勝戦に進出した東京吉本所属のマヂカルラブリーだったという。

「準決勝まではマヂカルラブリーが事実上の1位で、決勝進出は間違いないと言われていました。だから、決勝進出者の中にマヂカルラブリーがいなかったことは不思議です。そして、そのため異常に大阪色が強い決勝戦となってしまっているし、なんともバランスが悪いものとなっています」(お笑い事務所関係者)

 そんな中、唯一の非吉本芸人として決勝に上がったのがケイダッシュステージ所属のトム・ブラウンだ。

「トム・ブラウンは、キャラの濃い漫才をするコンビで、メイプル超合金が初めて決勝に上がったときのようなインパクトが期待されています。ただ、予選ではほかにもウケていたキャラ系のコンビはたくさんいたので、“どうしてトム・ブラウンなの?”という異論も聞こえてきますね」(同)

 結局、優勝候補の本命は、どのコンビなのだろうか?

「やはり2年連続準優勝の和牛が強いという声が多いのですが、すでにピークを過ぎたとの見方もあります。爆発力が強いコンビこそいませんが、実力勝負といった意味では、キングオブコントでも優勝している、かまいたちあたりが確実に力を発揮しそうとの予想も多いです」(同)

 実力者が勝つのか、それとも決勝初進出の新興勢力が勝つのか。運命は12月2日に決まる。

最終更新:2018/11/20 08:00
こんな記事も読まれています

『M-1』決勝進出者に透けて見える「霜降り明星」ゴリ押しと、敗者復活は「ミキ」の出来レース感のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

進次郎をダメにした記者と永田町

今週の注目記事・第1位「菅原一秀経産相『秘書給...…
写真
インタビュー

剛力・前澤、明暗を分けたもの

 いま世間を騒がす剛力彩芽(25)とZOZOTOWN運営会社スタートトゥデイ社長・...
写真