日刊サイゾー トップ > 社会  > 老舗も続々閉店で変わる秋葉原

「とんかつ冨貴」の店舗も解体されて……ホテル増え、観光地となっていく“秋葉原の変貌”

イメージ画像

 

 オタクの街としてにぎわう秋葉原。その一方で、再開発も急ピッチで進んでいる。かつての電気街は、いまや完全に別の街になろうとしている。

 先日話題になったのは、2016年に惜しまれつつも閉店した「とんかつ冨貴」の店舗の解体だ。秋葉原の中でも老舗だった同店の閉店は、その変化を示す事件であった。

 隣接する、 こちらも長く秋葉原の風景だったアウトドア用品店「ニッピン」も閉店し、一帯は新たにビルが建設されるという。

 跡地はどうなるのかまだ明らかにされていないが、大方の予想ではホテルになるのではないかという。

 外国人観光客も押し寄せる秋葉原では、今年に入ってから、5軒あまりのホテルがオープンしている。

「訪日外国人の増加を受けて、日本全国でホテルの新規開業ラッシュは続いています。一時よりは落ち着いているとはいえ、宿泊料金は高騰している状況ですから、まだまだホテルの新規開業は続くでしょう。とりわけ、滞在型の観光の需要が伸びている中、世界でも類のないオタクの街であり、交通の便もよい秋葉原は、訪日外国人相手のホテルには、格好の地域といえますからね」(業界誌関係者)

 法規制の結果、数が減ったとはいえ、秋葉原周辺では民泊も増加している。そして、その料金も平均で1泊1万円が相場と、かなり高額。

 東京全体で見ると、ホテルの開業数そのものは、数年前のラッシュ時に比べると鈍化している。バブル的な状況を見て、ホテル業界では、部屋数の増加を抑制する動きに入っているようだ。ただ、秋葉原に限っていえば、まだまだホテルの需要はいくらでもあるということらしい。

 今後は、 オタク文化を軸として、関連商業施設やホテルが立ち並ぶ一大観光地となっていく秋葉原。東京五輪を見据えて、街はどのように変貌していくのだろうか?

(文=ピーラー・ホラ)

最終更新:2018/11/29 18:00
関連キーワード

「とんかつ冨貴」の店舗も解体されて……ホテル増え、観光地となっていく“秋葉原の変貌”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(3)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真