日刊サイゾー トップ > 芸能  > Love-tuneに退所の予兆あった?

Love-tune退所の予兆あった!? メンバー登場の直前イベントで安井謙太郎らに拍手少なく……

Love-tune

 

 11月30日に突如、メンバー7人全員が事務所を退所することが発表されたジャニーズJr.内のユニット「Love-tune」。

 その発表直前となる同24日、メンバーの安井謙太郎と森田美勇人が出演する映画『ニート・ニート・ニート』初日イベントが開かれ、2人も登壇したが、退所の予兆をうかがわせるような雰囲気が漂っていたという。

「作品は、公開直前イベントが11月14日に開催されたのですが、会場には新聞社とテレビ局が1社も取材に来ないということがありました。原因はよくわかりませんが、その日は『NHK紅白歌合戦』の会見があり初出場のKing&Princeを集中して取り上げてもらうため、案内状を送っていなかったともいわれています」(芸能ライター)

 そんな状況とは対象的に、初日イベントは多くのメディアが呼び込まれたという、しかし……。

「イベントの案内状には、2人は『ジャニーズJr.』と記載はされていても、『Love-tune』との表記はされていませんでした。Jr.のユニットへは、グループ名の記載がいつもないというわけではなく、演劇などのイベントの際には『Snow Man』、『Travis Japan』、『SixTONES』といったメンバーは、大抵名前の後ろにグループ名もカッコ書きでついています。それだけに、違和感のあるものでしたね」(ワイドショー関係者)

 映画館には、マスコミが大挙していたというのだが、この開催された会場もこじんまりしたものだった。

「事務所から推されていないことがアリアリでした。会場こそ、新宿ピカデリーと大型シネコンでしたが、客席数が1番多いスクリーン1ではなく、手狭なスクリーン3での開催と、ほかのジャニタレが出てくるイベントではあまり使われない小規模な会場でした」(同)

 イベントも、いまの彼らの扱いを反映したようなものになっていたという。

「ジャニタレのイベントは、キャストが登場するとき、若い女性などが『キャー』というような悲鳴にも似た歓声を上げることが多いのですが、このイベントは本当に拍手だけでした。そこで、サプライズで司会を任された安井が、『TVとかで“登場です!”といったときにキャー! とかを見るんですけど、今日1歩目を踏んだらパチパチ……という感じで。全然キャー! って言ってもらってよかったですよ』と、客イジりをしたんです。しかし、やはりパチパチ……くらいの拍手と、いまいち盛り上がりに欠け、痛々しい結果になってしまっていました」(同)

 あまりにも唐突だったLove-tune7人の退所劇。彼らのこれからの行く末が気になるところだ。

最終更新:2018/12/05 16:00

Love-tune退所の予兆あった!? メンバー登場の直前イベントで安井謙太郎らに拍手少なく……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

石橋貴明、鈴木保奈美との関係性

ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とかく...…
写真
インタビュー

インパルス板倉、特別インタビュー

「足掻き続けろ、絶望から這い上がるまで──」  そんなキャッチフレーズがつけられた、...
写真