日刊サイゾー トップ > 芸能  > フィギュア選手は結婚に向かない!?

鈴木明子の離婚に続き、小塚崇彦が別居報道……フィギュアスケート選手に“スピード離婚”が多いワケ

小塚崇彦公式ホームページより

 最近、フィギュアスケート選手のスピード離婚報道が世間を騒がせている。

 10月には、プロフィギュアスケーターの鈴木明子選手が1年7カ月の結婚生活にピリオドを打ち、離婚。また12月2日には、2010年のバンクーバー五輪代表・小塚崇彦が妻である元フジテレビアナウンサーの大島由香里と別居中で、離婚に向けた話し合いが行われていると報道された。

 大島は、1日に芸能事務所「スターダストプロモーション」に所属することを自身のブログで発表しており、「新しい環境で さらにステップアップを目指しこれからも、育児と両立しながら 強い意気をもって しっかりとお仕事も頑張っていきたいと思います」と意気込みを記している。

 小塚と大島といえば16年に結婚し17年に長女が誕生したばかりで、まだ2年しか結婚生活を営んでいない。そのため今回の別居報道を受け、ネットでは「はやっ!」「2人で仲良くTV出演してたのに意外だね」「あれ、この前深いい話では問題ない夫婦に見えたのに 」「えー!! この間結婚したばかりなのに、どうしたの?」「小塚くんに激似の娘ちゃんどうなるんだろ」「早くないかい? 子どももまだ小さいのに多忙でって何かね……」と驚きの声が上がっている状況だ。

「フィギュアの選手全員が離婚しているわけではないのですが、確かににスピード離婚が多い印象がありますね。過去には伊藤みどりさんが、やはり2年で離婚しています。この時は伊藤さんのうつ病が原因だったといわれています」(スポーツ誌編集者)

 なぜ、フィギュアスケート選手に離婚が多いのか? 関係者はこう推測する。

「鈴木さんが嫁ぐ前、実の父親が『小学校のころからずっとスケート漬けだったので、掃除も洗濯も料理もできません』と心配していたことは有名ですが、有名な選手たちがここまでの地位に登りつめるために、さまざまなことを犠牲にしてきたことは確か。それゆえ、チームプレイが苦手だったり、仕事が理由で家庭が二の次になることもしばしばあるのでしょう。そこを許容してくれるパートナーでないと、婚姻関係の継続は難しいでしょうね」(フィギュアスケート関係者)

 次は、ぜひとも理解あるパートナーと巡り合ってほしいものだ。

最終更新:2018/12/10 09:39

鈴木明子の離婚に続き、小塚崇彦が別居報道……フィギュアスケート選手に“スピード離婚”が多いワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

劇作家が語るコロナ禍と誤解

 新型コロナウィルスの影響によって、音楽ライブや演劇といったライブパフォーマンスが危...
写真