日刊サイゾー トップ > 芸能  > とろサー久保田、暴言はもはや“癖”!?

とろサーモン久保田かずのぶ、暴言はもはや“癖”!? 上沼恵美子の前にKinKi Kids堂本剛にも……

久保田かずのぶ公式Twitterより

『M-1』審査委員を務めた上沼恵美子へ暴言を吐き、渦中の人物となっている、とろサーモン・久保田かずのぶ。

「暴言動画はライブ配信だったのですぐ消されたのですが、視聴者によって録画された動画がYouTubeに投稿され、一気に拡散、一大事に。その上、上沼さんは翌日放送されたラジオ『上沼恵美子のこころ晴天』(ABCラジオ)で『M-1』の審査員引退を表明し、さらなる混乱が。収束は、まだまだ先のようです」(放送作家)

 9日に放送された『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ)では、暴言に対し「私はなんとも思っておりません。暴言も全然結構です。悪いけど、興味ないです」と大人の対応を見せていた上沼だが、一部では「激怒していた」との報道も。暴言への批判は現在もやむ気配はなく、今後の仕事にも影響がありそうだ。

 また、久保田に関しては過去にもたびたび暴言を吐いており、「暴言“芸”ではなく、もはや“癖”ではないか?」ともいわれている。

「実は今年初めにも、TwitterでKinKi Kidsの堂本剛へ暴言を吐いていたんです。1月15日放送の『KinKi Kidsのどんなもんヤ!』(文化放送)で、剛さんはリスナーから『M-1グランプリ2017』(テレビ朝日系)で優勝したお笑い芸人のとろサーモンについて感想を求められ、以前からとろサーモンを『お気に入りの芸人』として挙げていた剛さんだけに、称賛するのかと思いきや、『ボクの印象ですけど、ああいうタイプの種類のネタで、『M-1』って感じが、なんかないんですよね。もちろん面白かったですけど』と厳しい評価を下し、決勝進出したジャルジャルやかまいたちのほうが『よかった』と感想を述べたんです。これがすぐさまネットニュースになり、久保田さんも知ったようなのですが、剛さんに対して『君のお笑い出来ますよ感も正直しんどい』とTwitterで反論。これを知った剛さんファンから批判殺到し、軽く炎上したことがありました。“思ったことはなんでも言っちゃう”炎上芸に見えますが、もはや、広瀬すずさんと同じ“失言癖”としか言えませんよ(笑)」(芸能記者)

 当の本人は12月6日に放送された『NEWS RAP JAPAN』(AbemaTV)で「自分たちとは違う勇気ある者を潰しに来る」と意味深長なラップを披露。「反省していないだろ!」と再び批判殺到する事態になっていたが……。

「もはや“癖”」だけに、悪気はないのかもしれない!?

最終更新:2018/12/11 10:40
こんな記事も読まれています

とろサーモン久保田かずのぶ、暴言はもはや“癖”!? 上沼恵美子の前にKinKi Kids堂本剛にも……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

ダイアン、東京進出のきっかけは…

 今年4月、芸歴18年目にして念願の東京進出を果たしたダイアン。同期には、キングコン...
写真