日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > とろサー久保田、「逆ギレ引退」も!?

とろサーモン・久保田かずのぶ“上沼ディス”で大炎上……まさかの「逆ギレ引退」も!?

とろサーモン・久保田かずのぶ上沼ディスで大炎上……まさかの「逆ギレ引退」も!?の画像1
吉本興業公式サイトより

 アフター『M-1』での暴言で大炎上中の、とろサーモン・久保田かずのぶが、“逆ギレ引退”する可能性が出てきた。久保田はスーパーマラドーナ・武智と、審査員の上沼恵美子に対し「酔ってるのを理由にして言いますけど、(審査員を)そろそろもうやめてください」「自分目線の、自分の感情だけで審査せんといてください」「おまえだよ、一番おまえだよ。わかんだろ、右側の!」などと猛批判を展開した。

 相手は関西テレビ界の女帝。酔っ払っての“やらかし”レベルで済む話ではなく、2人は即刻謝罪に追い込まれた。先輩芸人からも批判の嵐。吉本興業は無期限の活動休止処分も検討しているというが……。

「久保田のクズ度を侮ってはいけない。もともと芸能界の縦社会、大御所芸人の顔色をうかがう世界が嫌いなタイプ。いまや億万長者のYouTuberもいるだけに、ムラ社会の芸能界に固執する必要はない。今回も、一部では久保田を“神”とあがめる者もいる。叩かれまくって惨めな思いをするなら、いっそ芸人を辞めて違う分野で勝負する可能性もある」(お笑い関係者)

 今回の件で、久保田は売れっ子芸人の座から転落。吉本興業のことだから、しばらくは久保田のギャラから「迷惑料」名目の天引きが発生するだろう。

 久保田を知る関係者は「金の亡者ですからね(笑)。某バラエティー番組のドッキリでは、事務所を通さず、直接仕事を引き受ける“裏営業”に前のめりでしたから。そんな彼が再び不遇の時代を迎えたいはずがない。“逆ギレ引退”もないわけではないと思いますよ」と話す。

 しょせん芸能界はエンターテインメント。予期せぬ展開ほど面白いものはない。久保田の動向から目が離せない――。

最終更新:2018/12/09 10:00

とろサーモン・久保田かずのぶ“上沼ディス”で大炎上……まさかの「逆ギレ引退」も!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

“移民”問題のウソとホント

 2013年にアメリカ国務省から「人身売買と戦うヒーロー」として表彰された、外国人労...
写真