日刊サイゾー トップ > 芸能  > 佐々木希“愛犬と外出”に批判殺到

佐々木希、大政絢と愛犬連れてドッグラン報告も「犬より子どもの世話しろ」とネット小姑は許さず……

佐々木希公式Instagramより

 モデルで女優の佐々木希が12月8日、自身のInstagramを更新。女優の大政絢らとともに、愛犬を連れてドッグランへ行ったことを報告した。

 この日、佐々木は「私達母ちゃんも楽しかったぞ」と、愛犬と戯れている画像を数枚投稿。愛犬を抱き、にこやかに笑う佐々木の姿からは、楽しそうな雰囲気が伝わってくる。

 それだけに、Instagramのリプライ欄にはファンから「カワイイ」「楽しそう」「私も犬連れて参加したい」、さらには「犬になりたい」といった声などが上がっており、ファンにとっても喜ばしい投稿となった様子。

 しかし、ネットではこの画像に対し、なぜか批判の声が上がっていたという。

「愛犬や友人たちとのほほえましい光景に『かわいい』『本当に犬好きなんだね~』といった感想が上がっていたんですが、一方で、出産し、一児の母となったばかりの佐々木さんが遊んでいたのが気に食わない人もいたようで、『子育ては?』『その間、誰が子どもを見てたんだよ!』『犬より子どもの世話しろ』といった声が殺到。ネット小姑たちが本領発揮というところですね(笑)」(女性誌ライター)

 出産前からネット小姑にマークされてしまっていただけあって、出産後の現在も意地悪なツッコミがやまないよう。

 さらに、こんな意見も。

「画像とともに投稿された『私達母ちゃんも楽しかったぞ』というメッセージが癇に障った人もいたようで、『子どもの世話してないくせに“犬の母ちゃん”とか何様?』『子どもには“ママ”って呼ばせるくせに、犬には“母ちゃん”とか(笑)」と、意地悪としかいえないツッコミが。佐々木さんも、母親である前に人間ですからね。息抜きくらいしたっていいじゃないかと思うんですが……。本当にネット小姑は厳しすぎです(苦笑)!』(同)

 出産早々にモデル復帰し、現在は育児に仕事と多忙な日々を送っている佐々木。つかの間の休日ぐらい、優しく見守ってほしいものだ。

最終更新:2018/12/11 09:31
こんな記事も読まれています

佐々木希、大政絢と愛犬連れてドッグラン報告も「犬より子どもの世話しろ」とネット小姑は許さず……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

20代女性が7割の「パパ活」アプリ

 渡部篤郎主演、野島伸司脚本でドラマ化された『パパ活』(2017)のヒット以後、「パパ...…
写真