日刊サイゾー トップ > 芸能  > 楽しんご、問題多すぎて再起不能!?

楽しんご、坂口杏里イベントで久々公の場に! パクり芸に暴力沙汰……問題行為が多すぎて、いまだ復帰は不可能!?

楽しんご公式Twitterより

 12月4日、元タレント・坂口杏里の芸能界復帰をかけたイベント『坂口杏里の芸能界復帰までの道のり』が下北沢のライブハウスで行われた。

「意外なことに、小さな会場には50人ものファンが詰め掛け、立ち見客が外にあふれるほどの盛況ぶり。トークあり歌ありのイベントは大いに盛り上がったようで、『キラキラしていた自分に戻りたい』と言っていた坂口本人も大満足だったようですね」(芸能記者)

 驚いたのは、このイベントに、かつて「ラブ注入」でお茶の間の人気者になったお笑い芸人・楽しんごがゲスト出演していたこと。

「坂口はホストクラブで働く男性への恐喝容疑で逮捕された過去があり、一方、楽しんごは2013年にマネジャー男性を殴ってケガをさせたとして傷害容疑で書類送検されており、以来、ほとんどテレビから声がかからなくなりました。2人がどのようなつながりで共演に至ったのかは謎ですが、問題児同士、なかなか面白いコンビに見えましたね」(同)

 楽しんごは、かねてより手がけている整体の仕事が順調だというが、何かと注目の存在の坂口とともに、タレントとして復活したいという思いもあったのだろう。

 だが、坂口同様に、その可能性は限りなく低そうだ。

「13年の傷害事件は、マネジャー男性も楽しんごから100万円をだまし取ったとして警察の取り調べを受けており、所属の吉本もクビにするまでの処分はしませんでした。しかし、あの100万円は恐喝されたものではなく、無給で働かされていたマネジャーの給与支払いに応じたもの。マネジャーが告発へと動きだしたことを知ったしんごが、口封じにと慌てて振り込んだんです。マネジャーは、ビジネスパートナーとしてタッグを組んだつもりだったのが、気がつけば小間使いのように使われていたというのが現実。それを楽しんごが『恐喝された』と警察にウソをつき、ケンカ両成敗のような形にもっていったんです。ほかにも『知人の元AV女優にヤクザの名前を使って脅迫されていた』と証言し、彼女は家宅捜索を受けることになりましたが、それもウソ。結局、何も出てきませんでした」(お笑い関係者)


12
こんな記事も読まれています

楽しんご、坂口杏里イベントで久々公の場に! パクり芸に暴力沙汰……問題行為が多すぎて、いまだ復帰は不可能!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

「7.22銃乱射事件」が映画化

 日本人にとって「3.11」は東日本大震災と福島第一原発事故を思い出させる重い数字と...…
写真