日刊サイゾー トップ > 芸能  > ゆず、“煽りすぎ告知”の背景……

ゆず、重大なお知らせは「ドームツアー開催」で物議に! “煽り告知”の背景にヤバイ状況が関係!?

ゆず公式Facebookページより

 フォークデュオ・ゆずが12月19日放送された『緊急放送!いつでもどこでも生テレビ~ゆずがアベマ生出演~』(AmebaTV)に出演。事前に知らせていた“重大告知”は、来年5月から日本音楽史上初だという弾き語りによるドームツアー『ゆずのみ』を開催するとの発表だったと明かしたのだが、その発表の仕方が物議を醸している。

 ゆずは17日、オフィシャルサイトで「ゆずから今後の活動について重要なお知らせがあります」「ゆずのオフィシャルSNSをチェックしていてください」とファンに向けて発信。19日の21時に何かしらの重大発表をすることを予告していた。

 この意味深すぎる事前告知の際、ネットでは、「解散するの?」「ソロ活動に専念?」「メンバーの増員?」といったさまざまな臆測が飛び交う事態に。さらに、ネットニュースでもこの件が取り上げられ、ファン以外にも知れ渡った。

 そして19日、実はドームツアー開催の発表とわかり、ファンは安堵。しかしその一方で、ファン内外からはこの発表の仕方に「呆れた」といった様子を見せていたという。

「『重大なお知らせ』とのことでしたが、実際には『日本音楽史上初弾き語りドームツアー』というもの。さらに4公演8カ所と意外と小規模だったため『煽っているのがみえみえ』とファン内外からこの発表の仕方が物議に。『時間を返して欲しい』『心配して損した気分』と激怒の声が上がっており、ファンも『普通に発表しろよ』と呆れ声を上げていました」(芸能ライター)

 物議を醸してしまったこの煽り作戦。だが、それをしないといけないゆずの事情があるようで、

「ヒット曲がたくさんある印象のゆずですが、音楽不況のために近年CDの売り上げが低迷。過去にはライブの物販スペースに北川悠仁さんが現れてCDを手売りする姿を目撃されたこともありました。さらに、昨年開催されたドームツアーでは、ファーストシートの代金が15,000円で『ジャニーズのライブよりも高い!』と話題に。懐事情が厳しい上に、やはり時代が変わったのか人気も低迷している。それだけに話題を作ろうと本人たちも必死なのかもしれません。ただ、浜崎あゆみさんやmisonoさんといった歌手がやっているやり方に似ているだけに、ファン以外からは『ゆずって落ちぶれかけてんの?』といった声があがっていますよ」(同)

 さまざまな声があるが、話題になったことは事実。とりあえず、これでよかったのかもしれない。

最終更新:2018/12/21 11:00
こんな記事も読まれています

ゆず、重大なお知らせは「ドームツアー開催」で物議に! “煽り告知”の背景にヤバイ状況が関係!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

5lack×前野健太対談後編】

 5lackが、オリジナルアルバム『KESHIKI』をリリースした。これを記念し...…
写真