日刊サイゾー トップ > 芸能  > 実は“元デブ”だった芸能人たち

朝ドラ俳優もモデルも実は“元デブ”! 昔はポッチャリしていた芸能人たち

志尊淳 公式インスタグラム(@jun_shison0305)より

 正月太りとは無縁に見える芸能界のタレントたちだが、実は正月太りレベルではない“ぽっちゃり体型”だった過去がある人物も少なくない。朝ドラ『半分、青い。』(NHK系)にも出演し、2018年に大ブレイクを果たした俳優・志尊淳は、過酷なダイエットで驚異の激やせを果たしたという。

『王様のブランチ』(TBS系)や『A-Studio』(TBS系)などで語ったところによると、中学時代はポッチャリ体型だった志尊。しかし母親に「1キロ痩せたら1,000円あげる」とそそのかされ、2カ月で18キロの減量に成功した。

「周りの女の子も手のひら返しだった」という志尊の大変身だが、ダイエット方法は“何も食べないで走り続ける”という過酷すぎるもの。あまりマネしない方がいいかもしれない。

 今回は志尊のように、昔はぽっちゃりしていた芸能人を紹介しよう。

 

●ダレノガレ明美

ダレノガレ明美 公式Twitter(@The_Darenogare)より

 最近、Twitterで美ボディを披露して「タトゥーも刺青も1つも入ってません」と語ったダレノガレ明美。昨年4月に“67キロだった時の写真”をアップして「こんなに変われるんだ!」「これは素直にすごい」と大反響を巻き起こした。

 今年放送された『ナカイの窓』(日本テレビ系)によると、中学時代にクラスメートが回していた「明美ってデブって気づいてないけどヤバくない?」という手紙を見てしまったダレノガレはダイエットを決意。水泳に打ち込んで半年で15キロほど体重を落としたという。今では、SNSに写真を上げると「ただでさえ痩せてるのに必死で加工して痩せてるように見せるのダサいですよ」とツッコまれるまでになっている。

 

●林修

林修オフィシャルブログより

 タレントやモデルと違って見た目を売りにしているわけではないが、シュッとしたイメージのある林修も実は元ぽっちゃり。2014年の『林修の今でしょ! 講座』(テレビ朝日系)では、100キロを超えていた東大入学時の写真が公開され「めっちゃ太ってるじゃん! 衝撃…」「これヤバいな。だいぶデブだ」と大反響を呼んでいた。

 2013年に発売された「Number Do」(文藝春秋)のダイエット特集では、「あんなデブと付き合うわけない」と合コンで言われたことが痩せるきっかけだったと告白。ちなみに、痩せた方法はなんと志尊淳と同じ「食べないで走る」というもの。夕食を抜いて、朝に12~15キロほど走っていたという。

最終更新:2018/12/29 18:00

朝ドラ俳優もモデルも実は“元デブ”! 昔はポッチャリしていた芸能人たちのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディションを開催!

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
特集

最新作も配信作も!話題の映画特集

最新の映画から、ちょっとマニアックな作品、配信系作品まで
写真
人気連載

高岡早紀が連続殺人鬼を怪演!!

「雨宮リカ、28歳です」  高岡早紀が笑顔で...…
写真
インタビュー

『鬼滅の刃』のプロデュースワークの巧みさ

『劇場版ソードアート・オンライン~オーディナル・スケール~』『富豪刑事 Balanc...
写真