日刊サイゾー トップ > 芸能  > 袴田吉彦、イケメン俳優だった過去

袴田吉彦、完全に“イジられキャラ”と化す……イケメン俳優だった過去とは?

プラチナムプロダクション公式サイトより

 俳優・袴田吉彦の“快進撃”が止まらない。25日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)スペシャルにおいては「さんまが、あまりにアパ不倫のポイントカードネタをイジるから、私生活でも注目されるのでスーパーでポイントカードが出せなくなった」と自虐ネタを話し、笑いを誘っていた。

 袴田は2017年1月に、グラビアアイドルとの不倫関係が発覚。密会場所が、リーズナブルなチェーン系ビジネスホテルのアパホテルであることが「セコすぎる」と話題になった。さらに支払いは相手女性でも、きっちりポイントをためる「堅実さ」も話題となった。今やバラエティ番組の定番ネタとなりつつあるが、袴田はもともとはイケメン俳優として知られる存在だった。

「袴田は1991年に『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』で優勝を果たし、芸能界デビューを飾ります。92年に出演した映画『二十歳の微熱』では、売り専バーでバイトするゲイの青年役を演じ、美少年ぶりが話題となりました。男性アイドルの“王道”的なジャニーズ系とは異なる、少し大人びたイメージも魅力的だったといえるでしょう」(芸能ライター)

 90年代の袴田は多くの映画、ドラマに出演する一方で、『学校では教えてくれないこと!!』(フジテレビ系)をはじめとするバラエティ番組にも出演していた。

「各番組では『袴田くん』の愛称で活躍していました。美しい顔立ちとは裏腹にトークはからきし苦手でしたが、テレビ番組でオドオドする姿とイケメンとのギャップを面白がられていました。思えば、このころからバラエティ番組適性はあったといえるかもしれません」(同)

 袴田は、昨年末に放送された恒例の『笑ってはいけないスペシャル』(日本テレビ系)においてもアパ不倫ネタで出演している。これは90年代に『人気者でいこう!』(テレビ朝日系)で共演していたダウンタウンの浜田雅功の計らいもあったかもしれない。袴田は、芸能界の先輩たちから愛のあるイジりを受けつつ、来年はさらなるブレークを果たしそうだ。

(文=平田宏利)

最終更新:2018/12/28 06:00
こんな記事も読まれています

袴田吉彦、完全に“イジられキャラ”と化す……イケメン俳優だった過去とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

韓国版「東武WS」の廃墟感

 ソウル市のお隣・富川(プチョン)市にある、...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(2)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...…
写真