日刊サイゾー トップ > 芸能  > 鈴木亮平は“ギャラ泥棒”!?

鈴木亮平『俳優ギャラランキング』トップになるも、取り柄は“体重増減のみ”で仕事減!?

鈴木亮平公式Twitterより

 業界関係者のみに開示される『俳優ギャラランキング』が更新され、男性部門のトップに鈴木亮平が躍り出たことが報じられた。

「週刊実話」(日本ジャーナル出版、2018年12月27日号)によると、俳優部門のランキングは1位が鈴木、2位が役所広司、3位が水谷豊、4位が渡辺謙、5位が堺雅人とのこと。日本を代表する名優たちを差し置いて、鈴木の1位がネットでも話題になっている。

「鈴木さんは昨年14位とのことで、今回の大躍進はやはりNHK大河ドラマ『西郷どん』の主演が認められた形となっています。もし、今後鈴木さんが民放のドラマで主役を務めた場合、1本あたりの出演料は400万円以上になるかと」(芸能事務所関係者)

 このニュースを受け、ネットでは「役によって雰囲気全然違うから驚く」「役によって太ったり痩せたり努力すごいもんね」「身長186あって、英検1級持ってて、東京外語大出てて、大河も主演してたら、ギャラアップするの当然じゃん(笑)?」と納得の声もあるものの、「えっ? 『西郷どん』コケたのに?」「大河として盛り上がらなかったし、『主演して貢献した』と言われても微妙……」と、『西郷どん』の年間平均視聴率が12.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、関東地区では『平清盛』『花燃ゆ』の12.0%(同)に次ぐ史上3番目の低さだったこともあり、ギャラランキング1位を疑問視する声も多かった。

「鈴木さんといえば、役柄によって自由自在に体重やルックスの雰囲気を変えることができるカメレオン俳優。それゆえ、昔から“脇役で光るタイプ”の俳優だと言われていました。しかし、これだけギャラが上がってしまうと脇役としてはキャスティングしにくくなるでしょう。さらに、今のところ民放では、まだ主演したドラマ作品も無いですし、ギャラが高い割には未知数の部分が多い。ということは、以前よりオファーが減ってしまうという可能性も出てくるのでは」(テレビ局関係者)

 さらに、関係者の中では鈴木の“ある弱点”を心配する声があるという。


12

鈴木亮平『俳優ギャラランキング』トップになるも、取り柄は“体重増減のみ”で仕事減!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

911から20年…「大バカ者」と嘆きの声

 2001年9月11日、テロ組織アルカイダによ...…
写真
インタビュー

鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

 『桶川ストーカー殺人事件』『殺人犯はそこにいる』(新潮文庫)、『「南京事件」を調査...
写真