日刊サイゾー トップ > 芸能  > 森昌子が『徹子の部屋』で放送事故!?

自称・森昌子の姪“まーちゃん”が『徹子の部屋』に殴り込み! お茶の間も黒柳徹子もあ然の放送事故発生!?

森昌子スタッフ公式ブログより

 歌手で女優の森昌子が1月8日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演。エキセントリックな“幼児キャラ”パフォーマンスを披露し、黒柳を驚愕させた。

 このパフォーマンスはこれまでもしばしばテレビで披露されて話題になっているが、今回は放送時間がお昼の時間帯であり、披露した相手が黒柳だったこともあって反響が大きくなってしまったようだ。

 番組で披露されたのは“まーちゃん”なるパフォーマンス。本人曰く、彼女は森の姪であり、現在8歳。ピンクのつなぎを着用してランドセルを背負い、胸には大きな名札も付けていて、衣装はかなり手が込んでいる。この役に入っているときは「森昌子さん?」と人に尋ねられても「違うよ、まーちゃんだよ」と一切応じない、なりきり系のキャラ設定である。

 その“まーちゃん”はこの日も登場からやりたい放題。トークが始まるとあどけない口調であいさつし、体操着袋から飴やキーホールダーなど自身のグッズを取り出すと、それを黒柳にプレゼントするという奇行に。黒柳もこれには唖然とするばかりであった。

 これに対してネットでは「森昌子に何があったのだろう。美空ひばりにも認められた天才歌手なのに……」「幼児退行? それかもうボケが始まってしまったのでは?」「徹子をビビらせるとは大したものだけど……(苦笑)」といった戸惑いの声が多数あがっていた。

「森昌子は13歳で『スター誕生!』(日本テレビ系)のグランドチャンピオンを取って以来、山口百恵や桜田淳子をライバルとし、生き馬の目を抜く芸能界を生き抜きました。さらには国民的歌手である森進一との結婚するも離婚。パニック障害や子宮筋腫などの度重なる闘病生活もありましたので、溜め込んだストレスが相当なものだったでしょう。“まーちゃん”はそういったストレスから解放されるために生み出した森の別人格なのかもしれませんね」(芸能ライター)

 確かに“まーちゃん”は天真爛漫にして純粋無垢で、やりたい放題。人間からストレスを取り除くとああなる、という姿を体現している。

「離婚の傷が癒え、子育てが終わったことも影響があるかもしれません。お子さんは三人とも立派に成人し、長男のロックバンド・ONE OK ROCKのボーカル・Takaは今や一流アーティストですからね。ご自身の病状も安定しているので今は完全にリラックスしたのでしょう。それと同時に、ご自身ももう一花! という思いもあり、頑張っているんじゃないですか」(同)

 ちなみに“まーちゃん”のコント部分には否定的な声が多いが、圧巻の歌唱力に文句をつけるものはいない。ファンとしては“まーちゃん”ではなく森昌子として再度の大ブレイクを期待したいものだが。

最終更新:2019/01/10 13:00
こんな記事も読まれています

自称・森昌子の姪“まーちゃん”が『徹子の部屋』に殴り込み! お茶の間も黒柳徹子もあ然の放送事故発生!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

読書✕ヤンキー『どくヤン! 』

 もしも読書好きのヤンキーがいたら……いやい...…
写真
インタビュー

御茶海マミの“リアル地下ドル”事情

 昨年度の総ライブ出演本数140本(!?)地下アイドル界でも異例の精力的なペースで活...
写真