日刊サイゾー トップ > 芸能  > そっくり俳優から評価逆転の芸能人

田中圭が“向井理に激似の俳優”から脱却!“○○似”と言われながらも評価が逆転した芸能人3人

田中圭 オフィシャルサイトより

 イケメン俳優から個性派タレントまで、多くの有名人が集う芸能界。中には「顔がうり二つ」と言われる人物も多く、かつては俳優・田中圭も「向井理に似ている」と指摘されていた。

 田中がデビューした当時は向井人気が高かったため、「じっくり見ないと見分けがつかない」「同じ顔立ちだから俳優に興味がないと間違えそう」といった声が。そんな田中もドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)でブレイクを果たし、いまや向井を超える人気を獲得。ネット上では「デビュー時は“向井理じゃないほう”と言われてたのに逆転したな」「まさかBLで天下獲るなんて誰も思わないでしょ」と驚きの声が相次いでいる。

 今回は田中のように、“○○似”と言われながら評価が逆転した芸能人を紹介しよう。

 

●中川大志

中川大志 オフィシャルブログより

 俳優の中川大志は髪形や顔立ちだけでなく、キャラクターまで俳優・福士蒼汰と激似だとファンの間で有名。2015年には中川のブログに福士が登場し、そろって口元を隠した写真を掲載して「お母さんも間違えちゃうくらいだからね どこかで血繋がってるのかな? って話してました。笑」と綴っていたほどだ。

 2015年当時は“福士蒼汰似のイケメン”という立ち位置だった中川も、いまや映画・ドラマで主演を張る人気俳優に。2016年に出演したNHK大河ドラマ『真田丸』では豊臣秀頼役を好演し、俳優としての評価を高めた。ネット上でも「演技の幅が広いから福士くんより活躍してる印象」「今の人気ぶりを見てると、福士くんに似てるとはもう思えないんだよね」といった声が上がっている。

 

●岡田健史

岡田健史 スパイスパワーより

 有村架純主演のドラマ『中学聖日記』(TBS系)でブレイクした俳優・岡田健史は、整った顔立ちが女優・のんにそっくりだと話題に。同ドラマは教師と生徒の禁断愛を描き、スタート当初こそ酷評が続出。しかし新人俳優の岡田が醸し出すセクシーさでファンが急増し、後半に向かうにつれ視聴者を惹きつけたことでも注目を浴びた。

 ボーイッシュな顔立ちで岡田とうり二つだと指摘されているのんだが、人気急上昇中の岡田と違い依然として再ブレイクの兆しは見えていない。1月スタートのNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』では宮藤官九郎が脚本を務め、小泉今日子や橋本愛といったNHK連続テレビ小説『あまちゃん』のメンバーが多数出演。“のん待望論”も巻き起こったが出演者リストに名前はなく、ファンを落胆させている。

最終更新:2019/01/15 17:30

田中圭が“向井理に激似の俳優”から脱却!“○○似”と言われながらも評価が逆転した芸能人3人のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

非正規雇用者を襲うアリ地獄

 真面目に働けば働くほど、生活は苦しくなり、...…
写真
インタビュー

東京五輪ボラ問題、なぜ報じない?

 東京五輪・パラリンピックの開催まで、あと2年を切った。56年ぶり2度目の開催にマス...
写真