日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『ケモナレ』急展開に視聴者困惑!?

『獣になれない私たち』“別離宣言”“再就職”で急展開みせるも、視聴者困惑「なんか違うドラマ!?」

『獣になれない私たち』公式ホームページより

(これまでのレビューはこちらから)

 新垣結衣主演ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)の第7話が11月21日に放送され、平均視聴率8.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)を記録しました。

 前回の10.8%から一気に2.2ポイントダウンし、「一体前回は何だったんだ!?」と叫びたくなるような結果になった今回。話は結構進んだんですが、やはり6話まで何も起こらず引っ張ったことで、視聴者はつかれちゃったのかなと思うのですが……。

 ではでは、今週もあらすじから振り返っていきましょう!

■受身だった晶がついに動く!

 恒星(松田龍平)が大金を持ち歩いていることを知り、不審に思う晶(新垣)。そんな晶に恒星は「粉飾決算に加担しろと脅されて渡された金」と説明するも、すぐさま「映画の内容だ」とはぐらかした。

 晶の勤める会社の方はというと、九十九社長(山内圭哉)の発案で職場に監視カメラが取り付けられ、社員はソワソワ。やりづらいという雰囲気が漂っていた。

 そんな頃、朱里(黒木華)が晶を訪ねてアパートにくるも、「疲れた」と玄関先で爆睡。晶は仕方なく部屋へ上げ、泊めることに。次の日の夜、仕事から帰ってきて朱里と腹を割って本音を話すことにした晶。話をしてみると、朱里が意外と気さくだと知り、少し安心する。

 一方、京谷(田中圭)の実家では、寝たきりの父親の介護のことで母親の千春(田中美佐子)と家族が対立。晶が仲裁に入り何とか話をまとめる。そして、京谷との関係をきちんとしようとも考えていた晶は、京谷に別れを告げ、ひとり先に進もうとしていた、というのが今週のストーリーでした。


12
こんな記事も読まれています

『獣になれない私たち』“別離宣言”“再就職”で急展開みせるも、視聴者困惑「なんか違うドラマ!?」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーW杯、NZの魅力とは?

 空前絶後の盛り上がりを見せているラグビーW...…
写真
インタビュー

『君の名は。』Pが語るアニメ界の課題

 国内だけで興収250億円、世界興収で3億5,800万ドルを稼ぎ出し、日本映画最大の...
写真