日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『けもなれ』田中圭シーン減が好評!?

『獣になれない私たち』田中圭の出演シーン減で視聴率アップ!?「イライラがなくなった」と視聴者安堵

『獣になれない私たち』公式ホームページより

(これまでのレビューはこちらから)

 新垣結衣主演ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)の第8話が11月28日に放送され、平均視聴率9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録しました。

 前回、結構なスピードで話が進んだためか、今回10%手前まで上昇し、最終回目前で好調な様子を見せてきましたが、果たして視聴者の感想はどうだったのでしょうか?

 ではでは、今週もあらすじから振り返っていきましょう!

■失踪中の兄が見つかり動揺する恒星

 京谷(田中圭)と別れてすっきりした晶(新垣)は、次に会社の改革へ動き出す。手始めに求人募集を開始。面接をしたところ、なんと京谷の元カノ・朱里(黒木華)が現れ、九十九社長(山内圭哉)の「いいやん!」のひと言で採用されることに。

 そして、勤務初日を迎えた朱里。遅刻はしたものの、仕事面では問題なし。その上、晶と仲良くなるなど幸先のいいスタートを切った。

 一方、恒星(松田龍平)の方はというと、失踪していた兄・陽太(安井順平)が見つかったとの連絡が入り、一時的に一緒に暮らすことになるも、実家の家業が失敗してから、仲が悪くなってしまった2人は、険悪なムードに。しかし、久しぶりに2人で過すことで恒星は陽太ときちんと向き合おうと決心。陽太の嫁に会いに行く途中、言い合いになるも、なんとか和解。元の家族に戻ることができた……と言うのが今週のストーリーでした。


12

『獣になれない私たち』田中圭の出演シーン減で視聴率アップ!?「イライラがなくなった」と視聴者安堵のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

コント番組が乱立、区別つかず!? 

お笑いブームがいよいよ極まってきている。ただ...…
写真
インタビュー

『バブリーダンス』創出した高校生の新価値観

 2017年に世間を賑わせた大阪府立登美丘高校の「バブリーダンス」や夏の甲子園大会の...
写真