日刊サイゾー トップ > 芸能  > 佐々木希“ヤンキー過去”解禁か

佐々木希が「秋田県人会」出席 “バリバリのヤンキー”過去も、いよいよ解禁か

佐々木希

 女優の佐々木希が、14日にインスタグラムを更新し、秋田県出身の芸能人が集う、秋田県人会への出席を報告した。会には、俳優の柳葉敏郎、演歌歌手の藤あや子といったベテランから、グランジ・佐藤大、鳥居みゆき、加藤夏希といった若手勢までが一堂に会するという豪華ラインナップとなった。まさに地元愛があふれる一夜となったが、佐々木と秋田にはある因縁がある。

「何しろ佐々木希は、秋田県時代はバリバリのヤンキーだったというのがもっぱら有力な説ですからね。彼女はいわゆる男勝りな性格で『気に入らない同級生をトイレに呼び出してヤキを入れる』『タイマンで髪切りマッチを行う』といった往年の不良少女を地で行くスタイルだったようです。彼女は昨年度の夏の甲子園大会に、雑草魂で決勝進出を果たした金足農業高校中退といった経歴が一時期ネット上に出回りましたが、事実でもそうでなくても高校にはほとんど通っていないといえるでしょう。そんな“黒歴史”が掘り起こされそうでため、積極的に同校を応援できない立場にありました」(芸能ライター)

 ならば、このタイミングにおいての秋田ネタ解禁にはどういった背景があるのだろうか。

「やはり今後の活動を見据えているといえますね。女優一本でいくよりも、アンジャッシュの渡部建の嫁キャラや、秋田ネタなどでバラエティ番組への登場も狙っているかもしれません。昨年は元モーニング娘。の“ゴマキ”こと後藤真希がママタレとして再ブレークを果たし、芸能界への本格復帰が望まれていて、木下優樹菜がいまだに高い人気があるように『元ヤンキャラのママタレ』は一定の需要があります。佐々木もそうした方面での活躍を目指しているのかもしれません」(同)

 あらゆる意味での「秋田ネタ」の本格解禁で、これから佐々木が見せるであろうママタレとしての新境地に期待したいところだ。
(文=平田宏利)

最終更新:2019/01/19 18:00
こんな記事も読まれています

佐々木希が「秋田県人会」出席 “バリバリのヤンキー”過去も、いよいよ解禁かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【前編】

 作家・塩田武士が元気だ。グリコ・森永事件をモチーフに大胆な作劇で話題をさらった『罪...
写真