日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > ボイメン全国進出でジャニーズ圧力強化

“ボイメン”BOYS AND MENの全国進出で、ジャニーズが「圧力」を強化中!

「BOYS AND MEN」公式サイトより

 ジャニーズによる「圧力」は、今も健在ということか。

「週刊文春WOMAN」(2019年正月号)にて、草なぎ剛と対談した笑福亭鶴瓶の発言が話題を呼んでいる。

 対談の中で鶴瓶は、CMやAbemaTVで活躍する最近の草なぎを応援しつつも、「こっちには、いつ戻ってくんねん」と、地上波での共演を呼びかけたのだ。

「これに草なぎが、『ベーさんに窓口になっていただいて、べーさんの力でなんとか(笑)』と、大御所である鶴瓶を頼ると、鶴瓶もいったんは『そんなもん、なんぼでもなるよ』と協力する姿勢を見せたのですが、すぐに『今はまだちょっとアカンみたいなこと言うやつがおるやんか』と、業界内でなんらかの圧力が働いていることを匂わせました」(芸能記者)

 ネット上では「アカン言うやつ=ジャニーズのメリー副社長」説が飛び交っているが、ジャニーズに目をつけられているのは、過去の所属タレントだけではないようだ。

「1月11日発売の『フライデー』(講談社)が、名古屋発の男性ユニット『BOYS AND MEN』(ボイメン)についての記事を掲載しました。それによると、あるテレビ関係者の話として、同グループは最近、東京の番組に出演する機会が増えてきたため、さっそくジャニーズから圧力がかかっているといいます。ボイメンが番組に出ると知ると、『今回はお断りさせていただきます』と連絡してくるとのこと。同ユニットは、昨年末には和田アキ子とボイメン研究生がコラボした曲が『日本レコード大賞』企画賞を受賞。またシングル『進化理論』が人気アニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』(TBS系)の主題歌に起用されるなど、全国区アイドルになりつつある。そのため、早めに潰しておこうと考えたのかもしれません」(業界関係者)

 昨年は所属タレントの不祥事が続いたことで、事務所のパワー低下がささやかれていたジャニーズだが、またぞろ息を吹き返してしてきているようだ。

最終更新:2019/01/20 21:00
こんな記事も読まれています

“ボイメン”BOYS AND MENの全国進出で、ジャニーズが「圧力」を強化中!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(4)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真