日刊サイゾー トップ > 芸能  > “謝らない”松本人志に批判殺到

指原莉乃のパスも華麗にスルー! 『ワイドナショー』の“謝らない”松本人志に批判殺到

松本人志

 まさに、火に油だ。

 ダウンタウンの松本人志が20日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、前週放送の同番組で、HKT48・指原莉乃に放ったセクハラ発言について持論を展開した。13日の番組では、NGT48・山口真帆の“暴行事件”について指原が「誰がトップなのか、誰が仕切っているのか本当に私ですらわからない状態」と言及。その流れの中で松本が「それは、お得意の体を使ってなんとかするとか……」と発言し、ネット上では「ひどいセクハラ発言」と大炎上した。

 この件について聞かれた松本は「今日をもって無口なコメンテーター。新しいジャンルで。ギャラ泥棒になっていこうかなと思ってますけど」と、ひとくさり。続けて「炎上はこの先もしていくと思うんです。それはしょうがない。炎上で得られるものもあるし。なるほどなって、こんな大火事になるんや。その大火事になった時に本当に大切なものが見えてくるし。持ち出して逃げなアカンものが何なのかもわかるし。こういう時に消火器を持って駆けつけてくれる人もよくわかるし」と話した。

 消火器を持ってきたのは当の指原で、15日夜に「ワイドナショー、緊張しすぎて本当に記憶がほとんどなく…改めて録画をチェック………松本さんが干されますように!!!」とツイート。持ち前の“調整力”を発揮して、深刻になりかけていたこの問題をネタに昇華させてみせた。

 ところが、この日の放送で松本は指原が持ってきた消火器を使わず、火に油を注ぐ始末。釈明に終始し、謝罪の言葉すら出てこなかったことに、ネット上では「言い訳がましい」「人としてどうなの」と批判の声が上がっている。

「松本さんは『謝ったら負け』という考え方ですからね。昨年と今年、『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の過激企画が警察沙汰の騒動になった時も、彼は番組スタッフをかばう発言を連発し『身内に甘い』と批判されました。謝るよりも、それをネタに変えよう、笑いに変えようと意識しているのだと思いますが、いまの時代、素直に謝るところは謝らないと、さらなる炎上を招いてしまいます」(お笑い関係者)

 天下の松本人志も、時代を読み違えた!?

最終更新:2019/01/21 17:00
こんな記事も読まれています

指原莉乃のパスも華麗にスルー! 『ワイドナショー』の“謝らない”松本人志に批判殺到のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

『君の名は。』Pが語るアニメ界の課題

 国内だけで興収250億円、世界興収で3億5,800万ドルを稼ぎ出し、日本映画最大の...…
写真