宇垣美里、TBS退社で“いきなりの逆風”!? 局内でささやかれる先輩アナ・田中みな実との大きな違い!

2019/01/22 09:00

『アフター6ジャンクション』公式Instagramより

 3月いっぱいで退社することが明らかになった、TBSの宇垣美里アナウンサー。新たな所属先が、米倉涼子や上戸彩らが所属するオスカープロモーションに決まったという報道もあり、4月からフリーアナとして活動することは確実だ。

「入社直後から“かわいすぎる女子アナ”として注目され、『あさチャン!』などで順調にキャリアを重ねていましたが、風向きが変わってきたのは、Hey! Say! JUMPの伊野尾慧との熱愛報道からでしょうか。相手がジャニーズの人気者ということで、上層部からお灸が据えられましたが、『別れる必要はないでしょ』と聞く耳を持たなかった。このあたりから、上層部との関係がこじれ始めた。昨年、『あさチャン!』の降板を告げられた際には、激高して壁にコップを投げつけたといいますが、そんな情報がすぐに外部に漏れたのも、宇垣の社内での立場を現していましたね」(番組関係者)

 昨年は、『サンデー・ジャポン』のリポーターとして、“闇キャラ”が開眼。コスプレなども話題になったが、「何か問題行動があれば、上司は立場上、注意していましたが、“あいつはもうしょうがない”という雰囲気がありありで、本気でどうこうしようという気配はなくなっていましたね。宇垣が辞めるのは時間の問題でした」(同)というのが、今回の独立の舞台裏のようだ。

「退社について、いまだ宇垣本人やTBSから正式なアナウンスはなく、マスコミ先行で情報が小出しにされている。同じく、吉田明世アナの独立も決まっていますが、TBSの扱いがまったく違います」(同)

最終更新:2019/01/22 09:42

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む