日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 遠藤憲一がテレ東深夜に新たな系譜を

『さすらい温泉 遠藤憲一』テレ東深夜に連なる、新たな「フェイクドキュメンタリー」の系譜

■寅さんばりに、すぐ恋に落ちる

 今回、健さんが恋に落ちる相手は、ともさかりえ演じる、同じく仲居である富永理恵。

「今回」と、毎回恋に落ちるような決めつけで書いたが、初回を見るとその可能性は実に高そう。今回も出会って15秒で「落ちて」いたほど。

 富永の入浴シーンを妄想する健さん。

 富永と2人でお使いに出かけるため、番頭に嘘をつく健さん。

 富永に借りたハンカチの匂いを嗅ぎ、ニヤニヤする健さん。

 冒頭のドキュメンタリーシーンで、ディレクターに冷たく当たっていた人物とは思えないほどの3枚目ぶり。

 富永に子どもがいるとわかっても、富永の罪な態度(「健さんみたいな優しい人がパパならあの子も幸せなのに……」)が、健さんを俄然燃え上がらせる。旦那とは別居中らしい)。

 だんだんテレ東の深夜ドラマを見てるのか『男はつらいよ』を見てるのか、わからなくなってくる。

 特に、富永の幼い子ども(勇介=五十嵐陽向)と触れ合いながら「母ちゃんにさ、『健さんに親切にしてもらった』って伝えんだぞ?」と真顔で伝えるシーンや、富永と上手くいっていると勘違いして、大声で歌(草津よいと~こ~)を歌いながら仕事(湯もみ)しちゃうシーンなど、その純粋さや「大人げなさっぷり」が、強く『寅さん』を感じさせた。

 

■4次元ポケットのようなトランク

 そして、クライマックス。

 実は富永の夫は刑務所に入っているのだが、豪華客船の船長で、ずっと航海に出ていると聞かされてる勇介のために、船長のような上下白いスーツと制帽を身につけ、まだ見ぬ父親役を買って出た健さん。

「お前のお父さんだよ」

「嘘だ。お母さんと一緒に働いてるじゃん」

 いきなり撃沈しかけるも、

「父さんは、世界のどの海の上にいても、お前のこと思ってる」

「強くなって母さんのこと守ってやるんだ」

「俺がいない時はお前が家族の船長だ」

 熱い畳みかけで子どもの心をつかみほぐし、励ました。

 このときの船長の衣装が、なぜか健さん唯一の荷物である古びたトランクから出てくる出てくるのだが、この「そんな物まで詰め込んでたの?」という驚きが毎回見どころのひとつのようだ。

 そういえば、遠藤憲一として冒頭で直撃インタビューされているとき、衣装さんらしきスタッフと荷物の確認をしていた。

 ドラえもんの4次元ポケットや21エモンのなんでも入るバッグのような存在を思わせる、健さんの古ぼけたトランク。

 中からどんな「こんなものが?」が飛び出すのか次回以降楽しみだ。

 

■奈良屋のお湯に「無料」で入る方法

 いじめられてる子どもの精神的ケアもしてあげ、いよいよ告白というタイミングで、「来月旦那が出所する」と、うれしそうに富永に伝えられてしまう健さん。失恋具合も見事に寅さん。

 正直、内容的にはよくある話のオンパレードなのだが、「さまざまなしがらみから離れ、人里離れた地で違う自分となって働く」という潜在的な願望が刺激されるからなのか、丁寧な作りも相まって、見ていて陳腐に感じることはない。

 温泉に浸かりながら、誰もが描く淡い夢を丁寧に見せてくれつつ、温泉ガイドもしてくれる。

 実在の遠藤憲一が実在の温泉でこれをしてるという「事実」が、このありふれた夢物語を、少しだけ生々しく感じさせてくれる。

 まだ始まったばかりだが、今後どんな効果を生むのか楽しみなドラマだ。

 ちなみに情緒溢れる奈良屋は泊まらなくても1,200円で日帰り入浴もできるし、そもそも近くの無料で入れる白旗の湯(草津最古の湯とされる)のお湯を引いているので、そこに行くのもアリ。

 草津にはこうした無料で入れる浴場が大小10カ所ほどあるので、それらを回るだけでも楽しい。

 次回は、山口紗弥加が、ゲストというかマドンナ。予告では濃厚な濡れ場っぽいシーンも見られたので、ドキドキしながらオンエアを待ちたいと思います。
(文=柿田太郎)

最終更新:2019/01/23 17:00
12
こんな記事も読まれています

『さすらい温泉 遠藤憲一』テレ東深夜に連なる、新たな「フェイクドキュメンタリー」の系譜のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

WWEレスラーの自伝映画

 プロレス好きなら見逃せない、最高にご機嫌...…
写真
インタビュー

樹海、NY取材で見た人間の本性とは?

 ホームレスやゴミ屋敷、新興宗教などを中心に取材を続けてきた村田らむ氏と、国内外の裏社...
写真