日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 中居正広、ジャニーズに未練なし?

中居正広の後釜に、Kis-My-Ft2がゴールデン進出! 後輩の躍進で、中居はジャニーズに未練なし?

中居正広

 現在、5本のレギュラー番組を持つ中居正広だが、そのうち『中居正広の身になる図書館』(テレビ朝日系)と『ナカイの窓』(日本テレビ系)の2番組の打ち切りが決まったと「デイリー新潮」(1月16日)が報じた。

「打ち切りの理由は視聴率の低迷と報じられていますが、中居の“身辺整理”だという説もある。中居とジャニーズ事務所との契約更新意思の確認時期は6月で、そこまでにレギュラー番組整理し、最終的には独立するのではないかともいわれています」(芸能記者)

 テレビ朝日では『身になる図書館』終了後、新たな中居MCの番組をスタートさせる予定があるという。また、『身になる図書館』が放送されていた月曜20時には、Kis-My-Ft2とサンドウィッチマンがレギュラー出演する『10万円でできるかな』が火曜深夜から昇格する。

 キスマイといえば、SMAPのころから中居がかわいがっていた後輩である。同メンバーのうちの4人によるユニット・舞祭組も、中居のプロデュースによってデビューした。共に、SMAPの育ての親である飯島三智氏が統括する“飯島派”のグループだった。

「飯島氏のジャニーズ事務所退社後、ジャニーズ内の派閥は消滅したというものの、やはり“旧飯島派”の立場は微妙なものになっていた。キスマイにしても、露骨に干されることはないにしても、なかなかプッシュされない状態が続いています。そんなキスマイのことを、誰よりも心配していたのが中居。でも、今回ついにキスマイの番組がゴールデンタイムに昇格できるということで、中居としても肩の荷が下りたのかもしれません。ジャニーズ内でやるべきことはもうないということで、独立に向けて一気に進んでいく可能性もあると思います」(同)

 キスマイをはじめ、A.B.C-Z、Sexy Zoneといった“旧飯島派”のグループについては、元SMAPのメンバーと共にジャニーズ事務所を退所するのではないかとのウワサもあったが、今後はどうなるのだろうか?

「おそらく、現在ジャニーズ事務所に所属しているデビュー組が、元SMAPのメンバーと行動を共にするということはないでしょう。キスマイにしても、ゴールデンで番組を持つことで、ジャニーズ内での立場をある程度確保した状態。そんな後輩を中居が連れて独立するなんてことは考えにくい。それに、ジャニーズから独立するのは、あまりにもリスクが高すぎる。元SMAPという強力な看板がある新しい地図の3人も、メディア露出が激減しているわけで、若手であればジャニーズに残ったほうがいいに決まっている。中居としても、旧飯島派の後輩たちには、独立していばらの道を歩むよりも、ジャニーズ内で地に足を着けて活動してほしいと思っていることでしょう」(同)

 どうやら“旧飯島派”のジャニーズ残留は確定的といった状況のようだが、そうなると余計に気になるのが中居の動きだ。

「SMAP解散以降の中居は、基本的に新規の仕事を受けておらず、常に“区切り”となるタイミングを探しているような状況が続いている。さらに、今年から滝沢秀明が裏方に回ったことで、中居の恩人であるジャニー喜多川氏の存在感が薄まったことも少なからず影響するはず。そろそろ独立に向けて動き始めても、おかしくはないとは思います」(同)

 レギュラー番組終了が“独立”への布石なのか否か? その答えは6月に判明する。

最終更新:2019/01/24 08:00
こんな記事も読まれています

中居正広の後釜に、Kis-My-Ft2がゴールデン進出! 後輩の躍進で、中居はジャニーズに未練なし?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

『宮本から君へ』劇場版の熱量

 2018年に放送された池松壮亮主演ドラ...…
写真
インタビュー

瓜田純士が見た、映画『孤狼の血』

“キング・オブ・アウトロー”こと作家の瓜田純士(38)が、森羅万象を批評する不定期連載...
写真