日刊サイゾー トップ > 芸能  > 嵐の活動休止に中国圏ファンも涙

嵐の活動休止に、中国圏ファンも大ダメージ「ラストコンサートのアジア追加公演を!」

まさかまさかの……

 ジャニーズの人気アイドルグループ・嵐が、2020年12月31日をもって活動休止することを発表した。アジアでも絶大な人気を誇ってきた嵐だけに、中華圏のメディアもこぞってトップニュースとして報じている。

 中国版Twitter「微博」では、すぐさま「#嵐が2020年末に活動終止」というハッシュタグが作られ、検索ワードで一時、トップ3に入るなど、関連投稿の閲読数は2億超えしている(28日13時現在)。また、有料ファンクラブサイトにアップされた彼らの動画や、会見でのコメントも中国語に翻訳され、拡散されている。

 中国人ファンからは「頭では理解できるけど、精神的にとてもつらい」「どうして!? 嵐のライブに行くために、日本語もたくさん勉強して頑張ってきたのに」「嵐のライブに行くことを目標に生きてきたのに。つらくて死にそう……」「このニュース聞いた瞬間、涙が止まらなくなった。でも5人で決めたことなら応援する。一生応援する!」など、活動休止を惜しむコメントが数多く寄せられている。

 中国の20~30代はネットで嵐のメンバーが出演するドラマを見てファンになったという人も多く、大手ポータルサイト「新浪網」の「中国で人気の日本のスター」ランキング(男性俳優部門/投票者数は約2万人)では、1位山下智久、2位小栗旬、3位二宮和也、4位松本潤、5位生田斗真となっている。

 嵐はこれまで、2006年に台北とソウル、08年には台北・ソウル・上海で2度のアジアツアーを行っている。今回の発表を受け、デビュー20周年記念ツアー『5×20』のアジアでの追加公演を期待する声も多数寄せられており、16年のSMAP解散にも劣らない衝撃を中華圏に巻き起こしているようだ。

 

最終更新:2019/01/28 14:00

嵐の活動休止に、中国圏ファンも大ダメージ「ラストコンサートのアジア追加公演を!」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

白石和彌監督が語る、若松孝二の遺産

 珠玉の青春映画が誕生した。門脇麦主演作『止められるか、俺たちを』は、インディーズ映...
写真