日刊サイゾー トップ > 芸能  > 土屋太鳳アンチとの戦い無限ループ!?

土屋太鳳、「元気宣言」でアンチとの戦いが“無限ループ”に!?

土屋太鳳 公式インスタグラム(@taotsuchiya_official)より

 1月24日に放送されたバラエティ番組『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の人気コーナー「グルメチキンレース ゴチになります!」にて、新メンバーの土屋太鳳がいきなり1位&ニアピン賞を獲得。本人も自身のインスタグラムで「次回からはビギナーズラックは効かないと思うので、気を引き締めて楽しもうと思います」と心境をつづっている。

 しかし、新メンバーに加わった土屋に対しては、ネット上で女性たちから辛らつなコメントが続出。「橋本環奈のあとの土屋太鳳はきつい」「土屋太鳳が美女枠なのは違うでしょ」「しゃべり方とか声が嫌い」「土屋太鳳がクビになるまで観るのやめる」と散々な言われようだった。

「彼女は、過去に出演した『オールスター感謝祭』(TBS系)のミニマラソンでの激走ぶりから、業界内では『一生懸命枠』の女優ともいわれています。しかし、その元気キャラが女性たちには鼻につくようで、若手女優の中では際立ってアンチが多い。NHK朝ドラ『まれ』でブレークして以降、主演やヒロインを務めた作品がヒットしていないこともあって、『ゴリ押し』と揶揄されることがしばしばです」(女性誌記者)

 そんな中、土屋が登場した「東京カレンダー」2月号でのインタビューで、「評価によって傷ついたり、落ち込んだら、どうやって立ち直るのか」という記者の質問に対する答えが話題を呼んでいる。

「土屋は『プラスに変えないとやってられません。巻き込まれてたまるか! という気持ちでいつもいます』と回答。芸能界には自分よりもスタイルが良くてきれいな人がたくさんいる中で、自分の存在価値を真剣に考えたそうで、『たどり着いた結論は元気でいること。痩せてパワーを無くしている土屋太鳳なんて誰も見たくないはず。だから体調を崩さないように、しっかりご飯を食べるんです』と明かしました」(芸能ライター)

「ゴチ」初参加1位で、さらに一生懸命さ全開になりそうな土屋。アンチが批判→土屋がますます元気に→またアンチが批判……の無限ループとなりそう?

最終更新:2019/01/29 08:00

土屋太鳳、「元気宣言」でアンチとの戦いが“無限ループ”に!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

非正規雇用者を襲うアリ地獄

 真面目に働けば働くほど、生活は苦しくなり、...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(4)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真