日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「ゴチ」土屋太鳳のアドリブ力が不安

「ゴチ」新メンバー・土屋太鳳の“アドリブ力”に不安「真面目すぎて事前予習がないと何もできない……」

「Sony Music Artists」公式サイトより

 日本テレビ系『ぐるぐるナインティナイン』の人気コーナー「グルメチキンレース・ゴチになります!」の新レギュラーとなった土屋太鳳。まさに旬の女優の登場だが、ネット上では賛否両論となっている。

「男性からはそれなりに支持されている土屋ですが、一部の女性ネットユーザーから猛烈に嫌われている。あまりかわいくないだとか、ブリッ子すぎるとか、結構ひどい言われようですね……」(メディア関係者)

 数々の映画やドラマに出演し、好感度も高いはずの土屋。ネット上での批判の声はいささか理不尽なものも多く、ある種の“嫉妬”にも見えなくもない。そういう意味では、ふびんな気もする土屋だが、業界内からは、さらに異なる評判が聞こえてきた。制作会社幹部はこう話す。

「土屋さんは、とにかく真面目。仕事に対する向き合い方がまっすぐで、何事にも全力で取り組んでくれると評判です。ただ、その一方で、必ずしもアドリブが得意なわけではない。演技をするにしても、完全に台本を覚えて、しっかりプランを固めてから本番に挑むタイプ。それは、インタビューなんかでもそう。事前に質問事項を教えてもらって、何を話すか先に決めておいてから取材を受けるそうです。そうしないと、質問にどう答えていいか、じっくり考え込んでしまって、時間が足りなくなるのだそう。そんな真面目すぎる土屋さんが、まさかバラエティー番組のレギュラーになるとは、かなり心配です」

 バラエティー番組は基本的にアドリブがすべて。しかも、「ゴチ」は料理の値段を当てるゲームであり、予習をしてしまっては、面白くならない。事前のリサーチが必要な土屋にとっては、なかなか難しい仕事といえるのだ。

「番組的には“きれいどころ”枠であって、そこまで面白いトークを期待しているわけではないので、アドリブができなくてもそう問題はないとは思うのですが、残念ながら適任かどうかと言われれば微妙なところ。番組では、ただただ料理を食べて、にっこり笑って値段を予想するだけの演者になってしまうかもしれません」(同)

 なんとも不安なゴチ新メンバー・土屋太鳳。まったくの期待外れとならなければいいが……。

最終更新:2019/01/24 10:00
こんな記事も読まれています

「ゴチ」新メンバー・土屋太鳳の“アドリブ力”に不安「真面目すぎて事前予習がないと何もできない……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

漫画家・新井英樹が独自世界観を語る

 人気コミックの実写化はファンから深く愛されている作品ほど、そのハードルは高くなるが...
写真