日刊サイゾー トップ > 芸能  > ロンブーは、もう終わりなのか?

『ロンハー』深夜落ち……ロンドンブーツ1号2号は、もう終わりなのか?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

ロンドンブーツ1号2号

 ロンドンブーツ1号2号が司会のバラエティ番組『金曜★ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)が、4月から深夜帯に移ることが判明した。

 素人いじりや芸能人ドッキリ、「格付け」、スポーツテストなど、数々のヒット企画を生んできた『ロンハー』。1999年にスタートしたこの番組は、ロンブーにとって初のゴールデンでの冠番組だったが、放送開始から20年という節目の年に深夜帯に移動するという。テレビ情報誌の記者が語る。

「『ロンハー』は2016年に放送日が火曜日から金曜日に移りましたが、長期にわたる視聴率の低落傾向に歯止めが利かず、ついに“深夜落ち”が決まったようです。『ロンハー』はかつて、PTAが選ぶ『子どもに見せたくない番組』調査で、04年から12年まで9年連続1位に輝きました。これは出演者や制作者にとって勲章でしたが、近年コンプライアンスの締め付けが以前とは比べ物にならないほど厳しくなり、『ロンハー』お得意のゲスなネタがパワーダウンした印象は否めませんでした。後枠には、長嶋一茂、石原良純、高嶋ちさ子の3人が司会の『ザワつく!一茂 良純 時々 ちさ子の会』が昇格するようです。『ザワつく』は特番での放送が好評で、18年10月にレギュラーになりましたが、昨年ブレイクした“一茂ブーム”が思いのほか長く、高嶋ちさ子も暴言キャラとしてバラエティで注目度が高まっており、テレ朝としては一気にゴールデンで仕掛けていきたいという計算なのでしょう」

『イナズマ!ロンドンハーツ』の名前で日曜夜7時台にスタートした『ロンハー』だが、一時代を経て深夜枠に移動とは、まさに栄枯盛衰だ。冠番組に勢いがなく、目立った話題といえば、淳の大学受験ぐらい。ゴールデンで20年も冠番組が続いただけでも芸人として大成功だが、そんな彼らもそろそろ“オワコン”なのか? テレビ関係者は語る。

「確かに『ロンハー』の深夜移動は一時代の終焉を感じさせますが、深夜に行けば、ゴールデンではできないような過激なネタにも挑戦できるため、録画中心で視聴する若者にはむしろ歓迎されるのではないでしょうか。深夜でいろいろ挑戦しつつ、『スポーツテスト』などの人気企画は定期的にゴールデンでも放送するでしょうから、ロンブーとしても悪い話ではないと思います。また、淳は華やかな過去の女性遍歴が有名ですが、芸人仲間の間でも顔が広く、ダウンタウン、とんねるず、ナイナイ、爆笑問題、ヒロミ、同年代の有吉などと交友関係があります。さらにロンブーと同年代で、ひな壇で輝く芸人は数多くいますが、淳のように司会をこなせる人間は意外といません。唯一の地上波レギュラー番組は深夜へ行くことになりましたが、まだまだ居場所はあると思います」

 過去には、彼女の浮気調査をする「ガサ入れ」、ホストに彼女を口説かせる「ザ・スティンガー」など、数々の名企画を生んだロンブー。コンプラという枠と闘いながらも、深夜帯で新基軸を打ち出せるかどうかで、今後の芸能人生が決まることになりそうだ。

最終更新:2019/01/31 12:00

『ロンハー』深夜落ち……ロンドンブーツ1号2号は、もう終わりなのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

ビル・バーが訴える “ウォークカルチャー”の危うさ

 今回も10月10日放送された人気番組『サタ...…
写真
インタビュー

コロナ禍の宅配に置き配バッグ「OKIPPA」

新型コロナウイルスの感染拡大によって、私たちの生活様式は大きく変わっている。不要不急の外...
写真