日刊サイゾー トップ > 芸能  > SUのクズっぷりに江夏詩織へ同情論

SU、新恋人は元カノ! 娘には1円も払わず、連れ子を「俺の子」と紹介……クズっぷりに江夏詩織へ同情の声も

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

「POPCORN NANCY」PVより

 昨年11月、モデル・江夏詩織とのドロ沼不倫騒動を経て、ミュージシャン・大塚愛との離婚を発表したラッパーのSU(RIP SLYME)。そんな彼が1月25日、所属していた田辺エージェンシーを退社していたことがわかった。さらに新恋人の存在も報じられ、波紋を呼んでいる。

「FRIDAY」(講談社)によると、お相手は元タレントで、現在はジュエリーデザイナーの内藤陽子。2人は過去に交際しており、その後、友人関係を続けていたが、昨年末から急速に親しくなり復縁。内藤は現在4歳の女児を育てるシングルマザーで、SUは内藤や娘と一緒にディズニーランドに遊びに行くなどし、親しい友人には内藤の娘を「オレの子だよ」などと紹介。家族同然に振る舞っているということだった。

 この報道を受け、ネット上では「キングオブクズ」「自分がすべての原因なのに被害者面して元カノに泣きつくとか……」「所属事務所クビになったみたいだけど、こんな状況でも呑気に女性とチャラチャラ遊んでるんだね」「本当にだらしない男。女がいなきゃ生きていけないのかな」「無職でバツ2の男のどこがいいんだか」などとSUへの批判が続出している。

「SUさんと大塚さんの間には7歳になる娘がいますが、11月発売の『女性自身』(光文社)によると、養育費や慰謝料を一切支払わない形で離婚が成立したとされています。この無責任ぶりに、芸能界での信用も失墜。大塚に同情する業界人は多く、SUさんの仕事復帰はかなり茨の道になるのではないでしょうか」(芸能事務所勤務)

 また芸能界では、稀代の悪女として世間に名を知らしめてしまった江夏に対しても、ポツポツと同情の声が上がっているという。

12

SU、新恋人は元カノ! 娘には1円も払わず、連れ子を「俺の子」と紹介……クズっぷりに江夏詩織へ同情の声ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

注目作が目白押しの秋ドラマ

大作、話題作、ダークホース……注目作が目白押しの秋ドラマをチェック!
写真
人気連載

HBO『ホワイト・ロータス』風刺が痛快!

 抜けるような青空、どこまでも続く青い海。こ...…
写真
インタビュー

能條愛未のキャリアを深掘りして見えてきたもの

 新宿・紀伊國屋ホールの改修後、演劇公演第一弾となる『新・熱海殺人事件』。これまで紀...
写真