日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > キートン激怒も当然!?『R-1』の裏事情

お笑い芸人・キートンが運営を批判! 本気を出してる芸人たちほど怒りたくなる『R-1』 の裏事情

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

キートン公式Twitterより

 第二の「久保田・武智」事件か!?

 1月30日、お笑い芸人のキートンがTwitterで手書きのノートを公開し、現在予選が行われている『R-1ぐらんぷり』の運営サイドを徹底批判した。

 この日は予選3回戦の追加合格発表があったのだが、その中に自分の名前がなく、落選が決まったことを受けてのものだった。

キートン公式Twitterより

「言いたい事は山ほどありますが、だいぶ削って柔らかい文章にしました」

とつづったキートンだが、その内容はかなり踏み込んだものとなっている。

 3回戦での会場のウケは「謙遜して言ってもその日のベスト5に入る笑いをとっていたと思う」と、十分な手ごたえを感じながら、準々決勝に残れなかったというキートン。

「色々な大人の事情で、そこそこウケた知名度のあるコンビの片割れを残すのは、百歩譲って良しとしよう。が、圧倒的にウケている知名度のない芸人を落とすのは絶対にやってはダメ。しかも3回戦くらいで」と、“大人の事情”に理解を示しながらも、「これも前に言ったが、『R-1詐欺』だよね。二千円の参加費を取って、出来レースまがいのやり方」と、“詐欺”という言葉まで使って運営を批判しているのだ。『M-1グランプリ』の審査員を務めた上沼恵美子を「更年期障害か」と批判した、スーパーマラドーナ・武智もびっくりの犯罪者扱いである。

 そのあとにも、「柔らかい文章にしました」というにはあまりにも辛らつな言葉が並んでいた。

「審査員のセンスを疑ってしまう。おもしろくねー奴が審査していると思ってしまう」

「おもしろくねー奴が、おもしれーと思ってる芸人集めて仲良くコンテストごっこしてれば?」

 これに対し、所属のよしもとクリエイティブ・エージェンシーの反応はまだないようだが、あるお笑い関係者はこう話す。


12

お笑い芸人・キートンが運営を批判! 本気を出してる芸人たちほど怒りたくなる『R-1』 の裏事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

菅義偉内閣では何も期待できない

今週の注目記事・第1位「菅義偉『親密企業』が...…
写真
インタビュー

ブレイク間近、アインシュタイン登場

 関西ではすでに和牛やアキナと並び、抜群の人気を誇るアインシュタイン。そして現在、ボ...
写真