日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > キートン激怒も当然!?『R-1』の裏事情

お笑い芸人・キートンが運営を批判! 本気を出してる芸人たちほど怒りたくなる『R-1』 の裏事情

「会場のウケは抜群でも落とされる力のある芸人の姿は、決して珍しいことではありません。キートンも“大人の事情”と言っているように、『R-1』はテレビ放映あってのコンテスト。その本質は、数あるお笑いネタ番組のひとつにすぎません。要は、高視聴率を取ることが第一なので、予選でいくらウケても、数字が期待できないだろうと判断された芸人は落とされてしまいます。また、ネタやキャラのかぶりがあれば、同じようにウケていても、どちらかが落とされますし、どんなに受けてもゴールデンタイムにそぐわないネタは落とされる。また、視聴率が見込める人気コンビの片割れや、番組のアクセントになりそうな存在の芸人は、そこまでウケていなくても決勝に進出したりする。実際、そんな“大人の事情”まみれの審査が行われています。なので、『R-1』という番組のオーディションくらいのつもりで出場するのが、本来はちょうどいいのかもしれません」

 キートンを含め多くの芸人たちは、そんなことは百も承知だろう。

「それでも、ゴールデンタイムの番組でたっぷりとネタが披露できるチャンスはそうあるものではありません。『R-1』で優勝しても売れなかった芸人も少なくありませんが、ブレイクのきっかけとしては十分な舞台ですからね。『M-1』もそうですが、芸人にとっては、ライトな感覚で挑むことなんてできないんです」(同)

 芸人たちのイラ立ちは、この手のコンテストがある限り、なくなりそうもない。

最終更新:2019/02/01 09:51
12

お笑い芸人・キートンが運営を批判! 本気を出してる芸人たちほど怒りたくなる『R-1』 の裏事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

『球辞苑』ナイツ塙が好プレー

 今年もまた、プロ野球ファンがオフを乗り切る...…
写真
インタビュー

足立正生が語る、若松孝二(前編)

 秋雨の降る明治通りの交差点に、パレスチナ解放闘争の戦士は立っていた。白髪だが、肩幅...
写真