剛力彩芽との交際も売名だった? 上場来初の減益でテンパったZOZO・前澤友作氏の異変

2019/02/01 16:00

前澤友作氏の公式Twitter(@yousuck2020)より

 いよいよ、ヤキが回ってきたのかもしれない。

 女優・剛力彩芽と交際中の「ZOZO」前澤友作氏が、1月31日に発表した同社の2019年3月期の業績予想の下方修正を謝罪した。連結売上高を従来の1,470億円から1,180億円に引き下げ。プライベートブランド事業が想定よりも伸びなかったことが響き、純利益予想も280億円から178億円に引き下げた。

 同氏はTwitterで「今期はプライベートブランドZOZOにおける様々な挑戦を続けてまいりましたが、一部施策で想定していた効果が上がらず、結果として今期業績予想を下方修正いたしました。株主の皆さま、申し訳ございません」と謝罪。続けて「誤算はZOZOSUIT(スーツ)でした。話題にもなり、多くの方にお申し込みいただいたものの、着る手間や計測の手間などで、実際に測ってくださる方が想定を下回りました」と説明した。

 とはいえ、ビジネスには良い時もあれば悪い時もある。むしろ、同氏からこれまでにない“異変”を感じたのは、その前のツイートだ。

 前澤氏は剛力との交際騒動のほか、プロ野球団の所有や月旅行計画など、次々に話題を振りまいてきた。今年に入ってもポケットマネーでTwitterフォロワー100人に現金100万円をプレゼント。ド派手なことを続ける理由について、前澤氏は「もちろんいろいろやっていくつもりではいるけど、僕のできる最大の社会貢献活動は、会社を大きくして、たくさんの人を雇用し、楽しくはたらいてもらうことだ」とした上で「会社を大きくするためなら、恥をかいてでも自分を売名するし、大金をはたいてでも月へ行く。知ってもらえなきゃ何も始まらないから」と説明した。

 これを見た前澤ウオッチャーの男性は「知名度をあげるためのアクションなんて、わかりきっていたこと。自らタネ明かしするなんて、らしくない」と話す。

 上記のツイートは読み方次第で、剛力との交際も「売名のため」と捉えられてもおかしくない。前出ウオッチャーは「夢や世界平和という言葉を連発してきた同氏からすると、一気に現実路線になった感じ。本業の不振で少々テンパっているのかもしれませんね」と推察する。

 元カノ・紗栄子をして「付いていけない」と言わしめた前澤氏。順調な時はいいが、1つ歯車が狂うと、これまでとは違う一面が表れるタイプなのかもしれない。

最終更新:2019/02/01 16:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む