日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 本多圭の『芸能界・古今・裏・レポート』  > 剛力彩芽、オスカーへの「歩合制要求」は芸能界引退への布石か? ZOZO・前澤氏に振り回され……
本多圭の「芸能界・古今・裏・レポート」

剛力彩芽、オスカーへの「歩合制要求」は芸能界引退への布石か? ZOZO・前澤氏に振り回され……

剛力彩芽

 大手ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営する株式会社ZOZOの代表取締役社長・前澤友作氏との熱愛が話題の女優・剛力彩芽。前澤氏は、彼女との結婚こそ完全否定しているものの、ここにきて剛力が、所属事務所の「オスカープロモーション」にギャラの歩合制を要求したと伝えられ、引退への布石ではないかという見方が浮上している。

 今年4月に前澤氏との交際が発覚した剛力だが、前澤氏が「オスカープロモーション」に挨拶に行った当初は、古賀誠一社長が前澤氏と意気投合して2人の交際を容認していたという。

 ただその際も、剛力の仕事に支障を来さないよう、「彼女をつぶすようなことだけはしないでくれ」と念を押し、前澤氏も了承していたというが、その舌の根も乾かぬうちに、7月にはサッカーW杯ロシア大会観戦に剛力を同伴。さらに9月、前澤氏が米国で“月旅行”の計画を発表した頃には、剛力も渡米していたことがわかっている。

 しかもマスコミの問い合わせに、事務所が「剛力が月旅行に行くことはない」と否定したにもかかわらず、前澤氏が「本人は行きたいと言っている」と公言。事務所のメンツをつぶしたうえ、古賀社長からの「インスタグラムを控えるように」というダメ出しも無視して、10月初めには、フランス・パリで行われた高級ファッションブランド「セリーヌ」のショーに参加したことをインスタグラムで報告している。

 こうした状態に手を焼く事務所は、当初、剛力に仕事を入れることで物理的に前澤氏と距離を取らせ、頭を冷やさせようとしたというが、これに剛力本人が難色を示し、逆にギャラの歩合制を要求してきたという。

 剛力が所属するオスカーといえば、稼ぎ頭の米倉涼子や上戸彩が所属することで知られるが、彼女たちはもちろん、所属タレントのギャラは基本的にCM以外は給料制といわれている。つまり剛力は、嫌な仕事を断るため、先輩を差し置いて歩合制を要求したことになる。

「オスカーは歩合制を認めるようですが、もはや『好きにしろ』とさじを投げているようです。次は『事務所を辞める』と言いかねない状況ですしね」(事務所関係者)

 実際、オスカーは、来年1月に剛力の公式モバイルファンクラブ「GO/YOU」を閉鎖することを発表。表向きの理由として、「ファンクラブは25歳までが基本」と説明したが、剛力は8月27日に26歳の誕生日を迎えており、やや説得力に欠けるだろう。

 前澤氏との熱愛によるファン離れが背景にあることは容易に想像がつくが、前述のパリコレ旅行で、『another sky』(日本テレビ系)が密着取材した様子を放送したところ、その平均視聴率は5.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。前澤氏とおそろいのサングラスを掛けて撮られたスナップ写真に対しては、「ダサい」「電撃ネットワークみたい」というアンチからの酷評も少なくなかったが、前週に放送された美容家・IKKOの回の7.9%を下回る低視聴率で、“炎上”効果もなく、人気の急落ぶりが改めて裏付けられた格好だった。

 現在、剛力は11月11日から上演されている稲垣吾郎の主演舞台『No.9 -不滅の旋律-』に出演しているが、年明けから放送が予定されているTOKIO・松岡昌宏の主演ドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)新シリーズへの出演オファーは断ったといわれ、徐々に仕事を減らして、事実上、芸能界を引退するのではないかともウワサされている。

 一部の心配をよそに、11月22日に開かれた前澤氏の43歳の誕生日会の報告では、彼の隣りでニッコリ微笑む剛力の写真が話題になっている。前澤氏に振り回され、わがままを通す彼女が、いつまで笑顔でいられるのか? 個人的には、一日も早く目を覚ましてほしいものだが……。
(文=本多圭)

最終更新:2018/12/04 22:30
こんな記事も読まれています

剛力彩芽、オスカーへの「歩合制要求」は芸能界引退への布石か? ZOZO・前澤氏に振り回され……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

超絶ストイックな『クマ撃ちの女』

 毎年この時期になると、たびたび報じられる「...…
写真
インタビュー

瓜田純士が逃走犯をプロファイリング

 大阪府警富田林署の面会室から脱走した樋田淳也容疑者(30)が、1週間以上たった現在も...
写真