日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 嵐の活動休止にライバル事務所が悲鳴

嵐は「本当に迷惑!」活動休止にライバル事務所が悲鳴 2年間、芸能界は嵐づくしで……

嵐は「本当に迷惑!」活動休止にライバル事務所が悲鳴 2年間、芸能界は嵐づくしで……の画像1

 2020年12月31日をもって活動休止することを発表した嵐。日本を代表するトップアイドルグループが第一線を退いてしまうことが、芸能界に多大なる影響を与えることは言うまでもない。そして、これまで嵐の人気に圧倒されていた非ジャニーズ系の男性音楽グループや若手イケメン俳優にとっては、まさに大きなチャンスともなり得るはずだが……。

「嵐がこなしていた仕事のいくつかが回ってくる可能性があるわけですが、嵐の活動休止までは約2年間もありますからね。多くの男性グループやイケメン俳優にとっては、その2年間をしのぐのが何よりも大変なんですよ」(芸能記者)

 嵐に限ったことではなく、人気グループの活動休止や有名芸能人の引退が決まったとなれば、当然そのグループや芸能人への注目度は高くなる。それが、日本一のアイドルグループである嵐ともなれば、相当な度合いだ。

「向こう2年間の芸能マスコミは、嵐のニュースを軸に動くことになるでしょう。そうなったら、嵐以外の音楽グループやイケメン俳優がメディアで取り上げられる機会は確実に減ってしまう。嵐に出番を奪われるタレントが続出するのは必須です」(同)

 とある芸能事務所関係者は、嵐の活動休止をまったく歓迎していないという。

「嵐もメンバーはみんな30代半ば以上になって、人気も落ち着いてきたところ。もし、このまま活動休止のニュースがなければ、2年後には落ち目になっていた可能性だってあるはず。でも、活動休止を発表したことで、向こう2年間は嵐人気が爆発し続けるということ。非ジャニーズ系の芸能事務所にとっては、ツラい話でしょうね」

 さらに、嵐活動休止後に向けたジャニーズ事務所の動きも気になるところだ。

「ジャニーズは確実に“ポスト嵐”となるグループをこの2年間で育ててくるでしょう。King & Princeはその有力候補といわれていますが、もしもジャニーズが本気でキンプリをプッシュし始めたら、他事務所の食い込む余地は本当になくなってしまう。若手男性タレントを売り出そうとしている芸能事務所は、どこも頭を抱えていると思います」(同)

 ジャニーズにとっては、むしろメリットとなる可能性もある嵐の活動休止。大人気グループだからこそ、散り際は最大のビジネスチャンスということだ。

最終更新:2019/02/02 08:00
こんな記事も読まれています

嵐は「本当に迷惑!」活動休止にライバル事務所が悲鳴 2年間、芸能界は嵐づくしで……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

巷で話題「港区女子」の実態とは!?

ここ数年、まるでバブルのような存在感でその名を轟かせている「港区女子」。生息地は主に港区...
写真