日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 嵐・大野にアノ業界が熱烈ラブコール

嵐・大野智、2021年から“自由人”に……アノ業界から熱烈ラブコールが!

【校正待ち】嵐・大野智、2021年から自由人に……アノ業界から熱烈ラブコールが!の画像1
嵐・大野智

 いまだ波紋を広げる、人気アイドルグループ・嵐の活動休止。発端はリーダーの大野智が「自由な生活をしてみたい」と望んだことという。これを素直に受け入れた他メンバーにも驚かされるが、ファンも「大野くんの夏休み」と称し、休養を受け入れる姿勢なのも素晴らしい。

 2021年以降、大野はどこで何をするつもりなのか? 先月27日に行った会見では「具体的に何がしたいかは決まっていないが、この世界を離れて、今まで見たことのない景色を見てみたい。“普通の生活”をこの世界に入ってから経験していないなと。そういうことにも興味がある」と話していたが……。

 スポーツ紙記者の間では「画家の才能があるので、芸術家として個展を開くのでは?」という声が多いが、意外なところからも熱視線が注がれている。

「釣り業界です。大野さんは芸能界きっての釣り好きで知られ、休みの日は1人でずっと海釣りすることも多いそうです。この際、クルーザーをキャッシュで一括購入して、自由気ままに世界の海を回るのもいいかもしれません」とはテレビ関係者。

 最近の釣り好き芸能人で言えば、三代目J SOUL BROTHERSの山下健二郎だ。先月18日には釣りファンの拡大、釣りのイメージの向上に貢献した著名人に贈られる「クールアングラーズアワード2019」を受賞。小学生からブラックバスのルアー・フィッシングに熱中し、昨年は60センチオーバーの“大物”もキャッチしたという。

「大野さんも負けていません。船に乗って沖の方まで行くこともあるそうですから。彼が2021年から自由になると聞いて、某釣り雑誌が連載を持ってもらおうと熱心に営業をかけていますよ」(出版関係者)

 2021年以降は“釣り師”として名を馳せているかもしれない――。

最終更新:2019/02/01 17:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

嵐・大野智、2021年から“自由人”に……アノ業界から熱烈ラブコールが!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

話題の“伝説の不良”の素顔

 平成最後の年の暮れ。『歌舞伎町 阿弥陀如来』という自らの半生を綴った著作を刊行し、...
写真