日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > それゆけ!勝手にしらべ隊  > 世界初のオリジナルコーラを飲む
勝手にしらべ隊

世界初のクラフトコーラ専門メーカー「伊良コーラ」を飲んできた【前編】

「祖父は私が25歳の時に93歳で亡くなったのですが、私が幼稚園に通っていた頃、よく祖父の手伝いをしていたんです。祖父の仕事は、漢方薬の材料となる生薬を入手して、加工していろいろなところに卸すというものだったのですが、その作業をよく手伝っていたんです」

――幼稚園の頃にそんあ作業を手伝っていたと。それは……楽しかったんですか?

「それが結構楽しかったんです(笑)」

――幼い頃から漢方とか調合とか、そういうものに触れてこられたんですね。貴重な経験ですね。

「「ただ、それから小学生高学年になって中学高校と成長していく中で、弁護士や医者みた
いな、いわゆる社会的なステータスがあると言われる仕事をかっこいいと思い込むように
なり、祖父の仕事が時代遅れなものに感じたこともあったんです。好きでやっていた手伝いもしなくなって……。でも、大学に入って世界中の人々と知り合ったり、自分自身が会社に勤めるようになって、改めて祖父の仕事に対する姿勢を尊敬するようになってきました」

――それが今は同じ場所で、おじいさんの影響も受けながらオリジナルコーラを作っているわけですもんね。運命を感じるような話ですね。

「祖父は仕事に妥協しなかったですし、いつも自分の物差しを持っていたので、そういう姿勢には影響を受けています。それに漢方の原料である生薬とスパイスって、かなり近いんです。例えばシナモンは桂皮という生薬で、クローブは丁子ですし、共通するものが多いんです」

――コカ・コーラの味に影響を受けつつ、漢方の要素を取り入れたものが「伊良コーラ」ということですね。確かに、体に良いものを飲んでいるような気がしました。

「体に良いコーラ、体調を整えるコーラとして飲んでもらいたいんです。日々の仕事で疲れた時に飲んでもらったりとか。受験生が勉強で疲れた時に、お母さんが出したりするような。例えば、コーラの実だったらリラックス効果や滋養強壮、カルダモンだったら胃腸の調子を整える、コリアンダーだったらデトックスとか、いろいろなスパイスの効能がぜんぶ詰まってますから! 美味しさと機能面、両方を追求したいですね」

――さっき飲ませていただいて、心なしか体が温まってきたような気がします。

「ショウガも入っていますので、それはあると思います。冬はショウガを多めにしたりですとか、調合のバランスは、いろいろと今も変化しています」

――なるほど、調合のバランスで微妙に味わいを変えたりとか、そういうことができるのもクラフトコーラならではの面白さですね。

「そうです。特別なオーダーに応じて作り替えることもできます。例えば特定の地方の名産のフルーツを使って、その土地だけのオリジナルコーラを作ることもできますよ」

(後編へ続く/取材・文=スズキナオ)

最終更新:2019/02/14 09:51
1234
こんな記事も読まれています

世界初のクラフトコーラ専門メーカー「伊良コーラ」を飲んできた【前編】のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

侍ジャパン世界一の裏に野村克也?

 スポーツ系の情報番組やスポーツニュースは、...…
写真
インタビュー

井上淳一が語る、若松孝二の功罪

 そこはまさに“夢の砦”だった。ピンク映画『甘い罠』(65)で映画界に殴り込んだ若松...
写真