日刊サイゾー トップ > カルチャー > アニメ・ゲーム  > 映画『ドラクエ』のヒロインは?

映画『ドラクエ』は“5”が原案!? 正ヒロインを巡って論争勃発!

『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』 公式サイトより

 2月13日放送の『news zero』(フジテレビ系)で、フル3DCGアニメーション映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』が2019年の8月2日に公開されることが発表された。ドラクエファンからは歓喜の声が上がっているが、同時に懐かしの“論争”が再燃している。

 この日番組には、『ALWAYS 三丁目の夕日』(2005)や『永遠の0』(2013)などでお馴染みの映画監督・山崎貴が出演。ゲームの映画化を“鬼門”としていた山崎監督は、当初今回の企画を断っていたという。しかし“とあること”を思いついて、「すいません、やれる感じがしてきました」と承諾。その“とあること”は明かされていないが、『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』には確かな勝算があるようだった。

 そんな同映画の制作には、豪華スタッフ陣が集結。まず山崎監督は今回“総監督・脚本”という立ち位置で、監督には『STAND BY ME ドラえもん』(2014)で共に仕事をした八木竜一と花房真が。音楽は、シリーズを通して名曲を世に送り出してきたすぎやまこういちで、原作・監修には“ドラクエの生みの親”堀井雄二が関わっている。

「今回の映画は、シリーズの中でも熱狂的なファンが多い『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』が物語の原案となっているようです。堀井もTwitterで『ドラクエ5を原案にしています。台詞ひとつで深夜まで熱い議論を交わしたこともありました。形にしてくれた山崎監督に感謝です』とコメント。ファンからは『発表を見ただけでもう泣いた』『ドラクエ5原案で映画化はアツい』『堀井神が関わってるなら全面的に信頼できる』『めっちゃ壮大なストーリーだけどどんな映画になるんだろう』と期待の声が寄せられています」

 そんな中、ネット上では“ビアンカ”と“フローラ”のどちらが映画のヒロインになるかで論争が勃発。「どう考えても王道なのはビアンカ。よって映画もビアンカを嫁にするべき」「フローラがヒロインじゃなかったら映画見ない」「ビアンカは幼馴染だよ? ヒロインにならなかったらおかしいでしょ」「ビアンカを選ぶやつはお子様。フローラ以外ありえない」といった声が相次いでいた。

「『ドラクエ5』には主人公の花嫁を選択するシステムがあり、ビアンカを選ぶかフローラを選ぶかはファンの間でもわかれるところ。同ゲームは1992年に発売されたのですが、約27年が経った現在でも未だに“花嫁論争”が続いています。ゲームではプレイヤーの意思で選択できるのですが、それを映画で再現するのはかなり困難。『ビアンカバージョンとフローラバージョンを同時公開しないと戦争が起こりそう』との意見もありますが、山崎監督はこの問題をどう対処するのでしょうか」(同)

 とはいえ未だに“花嫁論争”がここまで盛り上がるのは、『ドラクエ5』が愛されている証拠。映画が公開されたらものすごい反響を呼びそうだ。

最終更新:2019/02/14 19:00

映画『ドラクエ』は“5”が原案!? 正ヒロインを巡って論争勃発!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

吉岡里帆『時効警察』で再評価

 今クールの連続ドラマが次々と最終回を迎えて...…
写真
インタビュー

ガーリィレコードチャンネル登場!

 テレビ的にはほぼ無名の芸人4人が、YouTubeで人気を博している。9月中旬時点で...
写真