日刊サイゾー トップ > カルチャー > ネット  > 現役自衛官に聞く “ほふく前進”だけじゃない、自衛隊のお仕事
陸海空三幕公認アプリ「キミにエールAR」リリース記念

現役自衛官に聞く “ほふく前進”だけじゃない、自衛隊のお仕事

P1200596.jpg左から海上幕僚監部人事計画課 隈部隆3佐、陸上幕僚監部募集・援護課 堀裕次3佐、航空幕僚監部人事計画課 小路泰弘技官

 最近、自衛隊の様子がどーもおかしい!

 防衛省のオフィシャルマガジンである雑誌「MAMOR」(扶桑社)では、表紙にAKB48やアイドリング!!!、平野綾、吉木りさ、足立梨花といったグラビア誌顔負けのアイドルたちを起用してネット上などでも話題となっているし、ドラマ『空飛ぶ広報室』(TBS系)や映画『永遠の0』の撮影に全面協力、さらには人気萌えアニメ『ガールズ&パンツァー』のイベントに10式戦車の実車展示をするなど、やたらと柔らか~い広報活動を行っているのだ。

 かつて、映画『野性の証明』や『戦国自衛隊』などは、撮影時に自衛隊の協力を得られなかったらしいけど、やはり自衛隊といえばお堅くてハードな男の世界、軟派な映画やアニメになんて簡単には協力してくれないイメージはある。「萌えアニメに協力して!」なんて言った日にゃあ、激怒されて戦車で追いかけられるんじゃないか!? ってなもんだ。

 そんな自衛隊が、トレンディドラマ(死語)や萌えアニメに協力とは時代も変わったもんだ!

 そして、さらなる一手として、自衛隊への志願者増を狙ったスマホアプリを開発したという。

 自衛隊の募集といえば、“空に向けてズバーンと指を向けたポスター”というイメージが強いけど、いまやそれもスマホアプリで、という時代なのか!?

 このアプリ、自衛隊の活動を学べるお堅い勉強アプリみたいなものではなく、自分の顔を撮影してさまざまな制服を着た自衛官アバターにはめ込み、ポーズをとらせて画像を作成。TwitterやFacebookに投稿することができるという……いかにも中高生たちが好きそうなアプリ!

 ……こんな、オタク&ヤングにすり寄ったかのような最近の自衛隊の広報戦略、一体どーなっているのか、自衛隊の募集広報担当の方を直撃してみた!

――自衛隊がスマホアプリをリリースということで、若干戸惑っているんですけど「やっぱり今、時代はアプリだろ!」みたいな意見が多かったんでしょうか?

「少子化が進んで若者の絶対数が減っている中、それでも自衛隊では普通の企業さんと比べて、より多くの人材を採用しなければならないんです。そこで、若者がどういうものに興味を持っているのかということを分析したところ、どうも1日10時間くらいスマホに触れているらしいと。そのスマホの中に、制服の自衛官のキャラクターが入り込んだら身近に感じてもらえるんじゃないかと思い、こういう形でアプリを制作しました」


1234

現役自衛官に聞く “ほふく前進”だけじゃない、自衛隊のお仕事のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

戸田恵梨香、イケメン俳優と密会

 令和初となるNHK朝の連続テレビ小説『スカ...…
写真
インタビュー

脳みそ夫が語る地下芸人時代

最近、自衛隊の様子がどーもおかしい! 防衛省のオフィシャルマガジンである雑誌「MAMOR...
写真