ダレノガレ明美、骨髄バンク登録呼びかけも批判殺到! 池江璃花子の不運使ってお得意の便乗芸か!?

2019/02/18 22:00

ダレノガレ明美公式Twitterより

 タレントのダレノガレ明美が、2月14日、自身のTwitterを更新。しかし、その内容が現在、批判の嵐となっている。

 この日、ダレノガレは、「ドナー登録できる方の条件みたいです!入院は基本3日ほどみたいです!たくさんの方が救えるようにドナー登録に興味のある方は是非HPを見てみてください!」というメッセージを投稿。それとともに、日本骨髄バンク公式ホームページのドナー登録条件をスクショした画像を添付し、呼びかけをした。

 12日に水泳の池江璃花子選手が白血病を患ってしまったことを公表し、それを受けての呼びかけだろう。このダレノガレのボランティア精神が伝わっってくる投稿に、ファン内外から賞賛の声が上がっている、かと思いきや、そのような声はダレノガレのある一言で皆無となってしまったようだ。

「先の投稿メッセージに続けて『私も検討中です』と綴っていたのですが、これがまずかった。『呼びかけておいて、自分は登録検討中!?』『検討して結局しないだろ!』『検討中で呼びかけしても……』と、ファン内外から批判の的です。この批判を知ってか、その後Instagramのストーリーを使って『両親にも話しました!あとは、資料が届いて登録できるかです!』と追記してましたが、あとの祭り状態。『結局登録しないに10000ノガレ』『プラセンタ注射してたからとか登録できない理由を長々語って言い逃れするに500ノガレ』と信じてもらえてないようですね(笑)」(週刊誌編集)

 池江のためを想っての投稿ならいいのだが、白血病報道への便乗であれば、「他人の不運を使って不謹慎だ」としか言えない。だが、過去には髪の毛のない人用のカツラを作るために髪を寄付する「ヘアドネーション」という運動を呼びかけているダレノガレ。他にも動物保護を呼びかけたりと、ボランティアへの関心が高いことで有名だ。

最終更新:2019/02/18 22:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む