日刊サイゾー トップ > 芸能  > 純烈「友井いらない」にファン賛否

純烈、4人でテレビ初歌唱もダンス踊れず……「友井がいなくなってよかった」発言にファン賛否

「友井が脱退したことで、仕事が逆に多くなったと、皮肉めいた報道もありましたが、確かに、騒動以来テレビ出演が増えているのは事実です。最近では『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)に出演。騒動の裏側を明かし、会見で酒井さんが発した『僕の中で、あいつ(友井)は死にました』という言葉の真意についても涙ながらに話し、大きな反響がありました。それだけに、騒動自体はデリケートでありますが、隠すよりも、自分たちから自虐ネタにしてしゃべっていったほうが、『“誠実”売りができる』と考えたのでしょう。普通であれば、グループごと下火になりますが、純烈に関しては今後もメディア露出は変わらないでしょうね」(芸能誌記者)

 とにもかくにも、4人体制となった純烈。今後はこの友井騒動を自虐ネタで披露して笑いを取らなくてもいいように、頑張ってほしいものだ。

最終更新:2019/02/22 13:44
12
こんな記事も読まれています

純烈、4人でテレビ初歌唱もダンス踊れず……「友井がいなくなってよかった」発言にファン賛否のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

ダイアン、東京進出のきっかけは…

 今年4月、芸歴18年目にして念願の東京進出を果たしたダイアン。同期には、キングコン...
写真