日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『はじこい』負けを知る深田恭子の強さ

負けを知ることで人は本当に強くなれる――ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第7話

文=プレヤード

 その頃、山下の元に女性が訪ねてくる。それは、別れた元妻・優華(星野真里)だった。「もう一度やり直せないか」という優華に、山下は、好きな人ができたことを告白する。

 花恵会では、百田にひいきされる匡平に対し、嫌がらせをする生徒が出てくる。そんな相手に匡平は言う。「何をしてもいいが、勉強の邪魔をしたら容赦しない」。

 そう、高校時代、いじめに負けず勉強に打ち込んでいた順子と同じような姿だ。順子と匡平は、どこか似ているのだ。そんなところが、惹かれ合っているのかもしれない。

 ある日、ふとしたことから、百田が学歴や年齢を詐称していることがバレてしまう。全てを知った順子は、百田に会いに行く。

「匡平を自分に預けてほしい。絶対合格させる」そう言う百田に、順子は言い返す。

「匡平は私の生徒、あなたの寂しさを埋めるために、あげるわけにはいかない」

 順子が、初めて嫉妬心をあらわにした瞬間かもしれない。それでも、順子は理性的に判断し、理数に関しては百田にお願いすると告げる。

 嫉妬は必ずしも悪いことではない。それを、人を攻撃することや、自分を繕うことに使うのではなく、成長するためのバネにすればいいのだ。

 今回は、男性3人のアプローチも激しかった。山下は順子の家の窓から部屋に入ってくるし、匡平は街なかで順子を抱きしめた。積極的な2人に対し、雅志はなかなかハードルを超えられないといったところだろうか。

 ドラマの中で語られた、「先生は見送るのが仕事。いつか忘れられてもかまわない」という言葉。順子は、匡平との別れも想定しているのだろう。卒業まで約半年、別れが近づいてくる中で、2人はどんな選択をしていくのだろう。

(文=プレヤード)

最終更新:2019/02/27 20:00
12

負けを知ることで人は本当に強くなれる――ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第7話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

中島岳志が分析する都知事選・前

現職・小池百合子の圧勝に終わった都知事選。実は、この裏で今後の国政を占う重要な選挙が行わ...
写真