日刊サイゾー トップ > 芸能  > 吉本の『沖縄国際映画祭』は弾切れ?

吉本の沖縄国際映画祭はガレッジセール・ゴリ監督推し 芸人監督作品も弾切れ?

吉本の沖縄国際映画祭はガレッジセール・ゴリ監督推し 芸人監督作品も弾切れ?の画像1
『島ぜんぶでおーきな祭-第11回沖縄国際映画祭-』公式サイトより

 今年で11回目を迎える吉本興業による『沖縄国際映画祭』(4月18~21日)。その概要発表記者会見が3月4日、東京新宿の吉本興業東京本部で行われた。

「ここ数年はあまり目玉となるような上映作品もなく、少々物足りない雰囲気。今年は亡くなった樹木希林さんの企画による『エリカ38』が一応目玉のようですが、正直、引きは弱めです」(週刊誌記者)

 沖縄国際映画祭というと、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属芸人の監督作品が上映されることも多いが、今年はガレッジセール・ゴリの監督作品が上映される。

「本はといえば、板尾創路、木村祐一、品川ヒロシなど、吉本芸人の監督作品の発表の場という意味合いもあった沖縄国際映画祭ですが、ここ最近は芸人の監督作品も減っています。昨年は板尾監督の『火花』や照屋年之(ゴリ)監督の『洗骨』、ほかにも野性爆弾・くっきー監督作もありましたが、今年はゴリ監督作品が3作上映されるという状況。しかも、そのうち1作は昨年と同じ『洗骨』です。芸人監督作品が、完全に弾切れになっている事実は否めません」(同)

 とはいえ、吉本としては、ゴリの監督作品をプッシュしていきたい思惑もあるようだ。

「吉本は沖縄をエンタメの発信地にしようと、お金も人材もずっと投入しています。だからこそ、是が非でも沖縄のエンタメを盛り上げなくてはならない。そんな中で、沖縄出身のゴリが沖縄をテーマにした映画を作ってヒットさせるのは、とても重要なことなのでしょう。『洗骨』は批評家の間でも好評ですし、大きなチャンスとして、“照屋年之監督”をプッシュしていきそうな気配はあります」(同)

“ゴリ監督推し”こそあるが、正直言って小粒なラインナップとなっている沖縄国際映画祭。しかし、一方ではコンセプトが固まりつつあるとの評価も。

「ほかの映画祭とは異なり、芸人をたくさん呼んでいろんなイベントや番組収録をするなど、むしろ“お笑いフェス”のようなイメージが強い沖縄国際映画祭なので、映画関係者からはあまり相手にされない状況があるのも事実。ただ、上映作品のラインナップを見ると、“笑い”をテーマとしたいろいろな作品が世界中から集められていて、なかなか興味深い。個性的な映画祭として、徐々に意義深いものになってきているとは思います。むしろ吉本芸人が関係する作品をしっかり切り離したほうが、映画祭としてのバリューは高まるでしょう」(映画ライター)

 毎年のように「赤字だ」「今年で最後だ」などと報じられるものの、11年も続いている沖縄国際映画祭。そろそろ世界的に認められるような映画祭になってもいいころだが、果たしてどうなるのか?

最終更新:2019/03/07 10:00
こんな記事も読まれています

吉本の沖縄国際映画祭はガレッジセール・ゴリ監督推し 芸人監督作品も弾切れ?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

姫乃たま×河崎実対談!! ファンも絶句した『シャノワールの復讐』の衝撃

 棒のように生きる男の生き様を描いた『棒の哀しみ』(94)という、神代辰巳監督の晩年...
写真