日刊サイゾー トップ > 芸能  > May J.のカバーアルバムに冷ややか……

May J. 最新カバーアルバム発売も、「カラオケドヤラー」と世間は冷ややか……事務所の方針が一番の問題!?

May J.公式サイトより

 ディスニーアニメ映画『アナと雪の女王』(2013)のエンドソング「Let It Go」の大ヒットで知られる歌姫、May J.が2019年4月17日にカバーアルバムをリリースすることが彼女のオフィシャルサイトで発表された。

 アルバムのタイトルは『平成ラブソングカバーズ supported by DAM』で、通信カラオケ「DAM」監修の下で平成を彩った名曲をカバー。収録曲には中島みゆきの『糸』や宇多田ヒカルの『First Love』、HYの『366日』などが収められている。

 このニュースを受け、ネットでは「レリゴーしか知らない」「久しぶりに見たなぁ」「この人は、カバー曲しかできないの?」「一般的認知度高い曲ばかりカバーして何がしたいんだろ。歌手じゃなくてただのカラオケドヤラー」「歌唱力があっても売れるとは限らないんだね」「この人オリジナル曲あるの?」といった辛辣な声が上がっている。

「May J.さんといえば、確かにヒットしたオリジナル曲が無いアーティストですよね。歌はうまいのでよく歌番組でカバー曲を歌っていますが、本人はオリジナルのヒット曲が欲しいですよね。カバーソングのアルバムはオリジナルを作るより制作費が安く済むのでコスパはいいですが、本人的に本当にやりたい仕事なのかは正直、疑問です」(レコード事務所関係者)

 ネットでも「本人じゃなくて売り出し方が悪い気もしてくる」「ソロの歌も素敵なのに(涙)実力あるのにカバーばっかりさせる事務所が悪い」「素敵なオリジナル曲作ってあげて」「うまいしかわいいし踊れるし、腕の良いプロデューサーがつけば良かったのにね」と、事務所のカバー曲重視方針を疑問視する声や、May J.への同情の声が多い。

「今年11月22日には『アナと雪の女王2』が公開されることが決定していますし、今年はまたMay J.さんが活躍する年になるのでは。今度こそオリジナル曲をヒットさせることができるように頑張ってもらいたいものです」(同)

 今回の新作カバーアルバムがヒットすれば、彼女にとって悲願であろう“オリジナル曲大ヒット”の夢に近づくかも!?

最終更新:2019/03/10 11:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

May J. 最新カバーアルバム発売も、「カラオケドヤラー」と世間は冷ややか……事務所の方針が一番の問題!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

謎の集団「ケケノコ族」を直撃

 1980年代に原宿の歩行者天国で一世を風靡した「竹の子族」からインスパイアされ、...
写真