日刊サイゾー トップ > 芸能  > 瀧の逮捕はベストタイミングだった?

ピエール瀧逮捕騒動、すべてが完璧なタイミングだった?

【校正待ち】ピエール瀧逮捕騒動、すべてが完璧なタイミングだった?の画像1
ピエール瀧/『DENKI GROOVE THE MOVIE? ~石野卓球とピエール瀧~』より

 ピエール瀧がコカイン使用容疑で逮捕された事件が、世間に衝撃を与えている。瀧容疑者は電気グルーヴのメンバーとしてのミュージシャン活動はもとより、近年は俳優として高い評価を受け、現在放送中のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』においても重要な役どころで出演している。今後、芸能や映画をはじめエンタメ業界全体に与える影響は多大といえるだろう。

 さらに瀧容疑者は、ひょうひょうとした人柄で知られ、ドラッギーなイメージとも無縁である。2009年に覚せい剤取締法違反で逮捕された清純派女優の酒井法子と同じく「まさか、この人が……」といった印象を多くの人間が抱いたのではないか。さらに、逮捕のタイミングも完璧であったと見る声もある。

「ピエール瀧が薬物で逮捕の第一報が出たのは、12日の深夜1時ごろです。これは新聞朝刊の最終締切の時間帯です。実際、スポーツ新聞はほぼ瀧容疑者の話題が一面を飾りました。さらに、瀧容疑者が薬物に手を出した動機や背景といった後追い取材をする時間もありませんので、ストレートニュースとして報じるほかありません。13日朝のワイドショーも、瀧容疑者の経歴とともに、薬物中毒の怖さなどに比重を置いた報道がなされていました。結果的に『薬物はダメゼッタイ』のメッセージを広く周知するのに役立ったといえるでしょう」(業界関係者)

 瀧の逮捕は、あらかじめどう報じられるかを見越して行われた可能性がある。その点においては捜査当局の動きは完璧だったといえるだろう。
(文=平田宏利)

最終更新:2019/03/14 17:00
こんな記事も読まれています

ピエール瀧逮捕騒動、すべてが完璧なタイミングだった?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

暴力団がタピオカ店を続々出店

 女子中高生を中心に大ブームを巻き起こしてい...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(4)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真