日刊サイゾー トップ > 芸能  > V.Iスキャンダルに熟女パトロンの影

元BIGBANG・V.Iスキャンダルの背後に、熟女パトロンが浮上! マネーロンダリングにも関与!? 

文=青山大樹

V.Iのパトロンといわれているリン夫人のSNSの写真(backchina.comより)

 韓国の人気グループ・BIGBANGの元メンバー、V.I(本名:イ・スンヒョン)の性接待疑惑から始まった一連の騒動。麻薬使用・流通、賄賂などの疑惑まで持ち上がり、単なる芸能スキャンダルを超えた社会問題に発展している。

 日本でも、V.Iと交友関係にあった芸能人・著名人に疑惑の目が向けられているが、台湾ではV.Iと極めて親しい関係にあったとされる女性について、現地メディアが連日報じている。

「三立新聞」(3月28日付)によると、リン夫人(林太太)と呼ばれるこの女性は、台湾の政府高官の妻であり、V.Iが経営しているナイトクラブ「Burning Sun」へ開店資金として日本円で1億円超融資し、同クラブの株式の20%を保有しているという。もともと、V.Iの熱狂的ファンだったといわれるリン夫人は、友人の紹介でV.Iと親しくなり、ビジネスパートナーとなったようだ。

 リン夫人は海外にも高級マンションなどの資産を複数所有しており、マネーロンダリングに手を染めていた疑惑まで持ち上がっている。「Burning Sun」もその手段のひとつだったようで、クラブでの架空の売り上げを計上することで、出所を明かせない収入の隠れみのにしていたというのだ。同紙は、リン夫人が昨年から4回にわたりマネーロンダリングを行っていたとも伝えている。

 現在、リン夫人は忽然と姿を消しているという。すでに彼女が韓国当局の取り調べに応じていると証言する知人もいる一方で、台湾のネットユーザーたちは彼女のSNSを特定。過去に投稿していた贅沢三昧の生活の様子に、バッシングが集中している。

 台湾の芸能界では、V.Iと交友関係にあったといわれるアイドルグループF4メンバーのジェリー・イェン(言承旭)や、人気俳優のチェン・ボーリン(陳柏霖)などが火消しに追われている。薬物、性接待に続き、マネーロンダリング疑惑まで噴出している今回の騒動は、まだまだ収まりそうにない。

(文=青山大樹)

最終更新:2019/04/02 14:00
関連キーワード

元BIGBANG・V.Iスキャンダルの背後に、熟女パトロンが浮上! マネーロンダリングにも関与!? のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅首相NHK“事実上国営放送化”でメディア掌握か

 今週の注目記事・第1位「GoToズサン運営...…
写真
インタビュー

YENTOWNの軌跡(前編)

 YENTOWNが2020年で結成5年目を迎えた。東京を拠点に結成されたこのヒップホ...
写真