日刊サイゾー トップ > 芸能  > 加藤綾子の新報道番組、惨敗スタート

加藤綾子アナのフジ新報道番組は惨敗スタート! この先、巻き返しを図れるのか?

加藤綾子アナのフジ新報道番組は惨敗スタート! この先、巻き返しを図れるのか?の画像1
フジテレビ『Live News it!』番組公式サイトより

 フジテレビOGでフリーアナウンサーの“カトパン”こと加藤綾子がメインキャスターに就任した、夕方の報道番組『Live News it!』(同)が1日に放送開始したが、惨敗スタートとなり、先行きに暗雲が立ち込めた。

 わずか1年前、『プライムニュース イブニング』のタイトルで、出直しを図った同局の夕方のニュースだが、視聴率は一向に上向かず、2%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録する日があるほどだった。再び立て直しをもくろんだ同局は、番組タイトルを『Live News it!』に一新し、MCには“切り札”ともいえる加藤アナを起用した。

 これまで、加藤アナは情報番組、バラエティ番組などを中心に担当してきたため、報道番組は初めて。その影響力に注目が集まっていた。

 初日は新元号「令和」が発表されたとあって、世間のニュース番組への関心は非常に高かったといえるが、同番組の視聴率は15時50分~16時50分が2.4%、16時50分~17時53分が3.2%、17時53分~19時が4.6%で、5%にも届かなかった。なお、17時53分からの時間帯のみでみた場合、同枠の前4週の平均は4.4%で、カトパンと新元号効果でわずか0.2ポイント微増しただけ。さらに、『プライムニュース イブニング』最終回(3月29日)の4.9%より落としてしまった。

 ほかの民放局の報道番組は、『news every.』(日本テレビ系)が13.2%で断トツトップ。『スーパーJチャンネル』(テレビ朝日系)が8.2%、『Nスタ』(TBS系)が7.0%と続き、『Live News it!』は『Nスタ』にも大差をつけられ惨敗を喫した。もともと視聴率がよくない『シブ5時』(NHK総合)の4.4%はかろうじて上回ったが、民放ではもはや勝負にならなかった。

 帯の報道番組となると、やはり視聴習慣に左右されるため、そう簡単には数字が上がるとは思えないが、加藤アナの報道デビューで話題を集めたにもかかわらず、初日からこの低視聴率では先行きが大いに思いやられる。

 バクチとも思われる報道キャスター就任を受けたからには、この番組が成功するか否かで、加藤アナのフリーアナウンサーとしての“商品価値”が変わってくる。局としても、なんとしても巻き返しを図りたいところだろうが、どうなることやら……。
(文=田中七男)

最終更新:2019/04/03 12:40
こんな記事も読まれています

加藤綾子アナのフジ新報道番組は惨敗スタート! この先、巻き返しを図れるのか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

宮迫&亮問題、吉本興行のブラック体質は変わるのか?

宮迫&亮の涙の会見で、吉本芸人の反乱が始まる!?
写真
人気連載

吉本興業に干された大物芸人

 “闇営業騒動“に端を発し、”パワハラ”、”...…
写真
インタビュー

英語を仕事にできるか・できないか

 一言で「英語ができる」といっても色々な段階があるが、その最高峰といえるのが「仕事で...…
写真