日刊サイゾー トップ > 芸能  > カトパンに報道番組は務まるのか

加藤綾子アナに“報道キャスター”が務まるの? 評価急降下の危険性も……

加藤綾子アナに報道キャスターが務まるの? 評価急降下の危険性も……の画像1
加藤綾子 公式インスタグラム(@ayako_kato official)より

 フリーアナウンサーのカトパンこと加藤綾子アナが、4月1日から、フジテレビの夕方の報道番組(タイトルは未定)のメインキャスターに抜擢されることが分かったが、テレビ業界では、早くも「カトパンに報道キャスターができるの?」と不安視されている。

 同局では視聴率が低迷する『プライムニュース イブニング』を4月からリニューアルするが、テコ入れのための新たなメインキャスターとして、加藤アナに白羽の矢が立ったのだ。

 加藤アナは、同局の朝の情報番組『めざましテレビ』でメインキャスターを務めて大ブレークし、業界きっての人気女子アナに成長した。しかし、2016年4月いっぱいで、フジの猛烈な慰留を振り切って退社し、フリーに転向。現在は古巣の『ホンマでっか!?TV』『ミュージックフェア』で司会を務めるほか、NHK Eテレ『世界へ発信!SNS英語術』にレギュラー出演。昨年は、TBS系連続ドラマ『ブラックペアン』で女優に挑戦するなど、順調なフリーアナ生活を送っている。

 その加藤アナが報道キャスターのオファーを受けたというのだから、耳を疑った人も多いことだろう。なんせ、これまで報道番組を担当したことがないからだ。

「局アナ時代は馬車馬のごとく働かされた加藤アナですが、フリーになってからはマイペースで活動し、ほどほどの仕事量をこなしています。その人気も、昨年12月に発表された『第15回好きな女性アナウンサーランキング』(オリコン調べ)で3位にランクインするなど、全盛期ほどではないにしろ健在です。ただ、加藤アナがこれまで担当してきたのは、『めざましテレビ』『めざにゅ~』などの情報番組とバラエティ番組。報道はまったく経験がありませんので、果たしてちゃんと務まるかどうか甚だ疑問です。超大物の有働由美子アナでさえ、報道では苦戦をしいられています。報道のメインキャスターとなると、軽いノリの情報番組でニュース原稿を読むのとはワケが違います。幅広い見識が必要ですし、生番組ですから、仕切り能力の高さも求められますから。それに、夕方のニュースを見ている層は、主に主婦、中高年ですから、果たしてカトパン起用のニーズがあるのかどうか……」(テレビ関係者)

 不安要素はそれだけではない。同局の夕方のニュース枠は、なんせ“いわくつき”だ。昨春に大リニューアルを敢行し、元NHKの人気アナ・登坂淳一をメインキャスターに据える予定だったが、「セクハラ疑惑」報道により、出演を辞退。番組開始後も、メインキャスターの一人である反町理氏(同局報道局解説委員長)の「パワハラ・セクハラ問題」が発生するなど、スキャンダルにまみれた。また、昨年3月でNHKを退局した有働アナに番組を任せるべく、猛アタックしたが、見事にフラれてしまった。視聴率は一向に上昇せず、起死回生に向け、OGの加藤アナに託すことになったようだ。

「今のままでも十分なのに、加藤アナはよく、こんな仕事を引き受けたものです。帯ですから、当然仕事は再びハードになります。この枠は、男性エースアナの伊藤利尋と、生野陽子アナのコンビでもどうにもならなかったのですから、視聴率を上げるのは極めて難しいと思われます。むろん報道ですから、日本テレビ系『news zero』の有働アナのように、ワイドショーチックなノリでやってしまうと視聴者に不評を買うのは必至。加藤アナの役割は一にも二にも視聴率を上向かせること。それができなければ、加藤アナの評価はだだ下がりするでしょうから、そういった危険性をはらんでいます」(同)

 無論ネガティブな要素だけではない。もともと進行のうまさには定評がある加藤アナだけに、初経験の報道キャスターをうまくこなして、視聴率がアップすれば、その評価はさらにグッと上がる。果たして、加藤アナがこのオファーを受けたことは吉と出るか、凶と出るか?
(文=田中七男)

最終更新:2019/02/06 17:00
こんな記事も読まれています

加藤綾子アナに“報道キャスター”が務まるの? 評価急降下の危険性も……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

元NHK堀潤氏が語る権力とメディア

 マスメディアには権力を監視する役割があると言われるが、果たして本当だろうか? 籾井...
写真