日刊サイゾー トップ > 芸能  > TERUはかわいいおっさん!?

GLAY・TERUは”かわいいおっさん”!? 「Dancyu」で“のり弁愛”語る

TERU Twitterより

 GLAYのボーカルTERUが、グルメ雑誌「Dancyu」(プレジデント社)ののり弁特集に登場。こだわりの手作りのり弁を披露し、のり弁愛を語った。

 海苔とご飯が大好きなTERUにとって、のり弁は子どもの頃からご馳走で、今でもよく作るそう。何十年も試行錯誤してたどりついたというTERU流のこだわりは3段スタイルで、海苔を重ねてからしょう油をたっぷり塗るのがポイント。こうすることで、海苔が縮まず、ご飯との間に隙間ができないそう。また、ガラス製の密閉容器が必需品で、フタをしてから3~4時間たってからが海苔とご飯がほどよくなじんで一番うまいといい、断面のなじみ具合を確認するため、ガラスがベストなのだそう。

 さらに、東京に出てきたばかりの当時は海苔が高く、のり弁も1段か、頑張って2段が限界だったが、「ミュージシャンとして売れるようになり、3段にできるようになったときは本当に嬉しかった」と語っている。

 TERUののり弁愛はファンには知られたところで、満を持しての「Dancyu」登場に喜びの声が多数上がっているが、一部では「海苔が買えないって……」「これは笑えるだろ」「最近、ネタ案件多すぎ」といったツッコミの声も上がっている。

 ここ最近のTERUといえば、容姿劣化や中年太りに加え、SNSで遅延した航空会社に苦言を呈したり、インスタグラムのライブ配信で入浴中の友人男性の股間を生配信してしまうなど、何かとお騒がせ中。そんな中で、今度は人気雑誌でのり弁愛告白と、少々キャラが迷走しているようにも思えるが……。

「GLAYは“ファンファースト”で知られ、ライブでファンと触れ合うことを大事にしているため、アリーナツアーだけでなく、ホールツアーで47都道府県を回ることも多い。また、11年目を迎えるモバイルファンクラブでは、メンバーの素顔が垣間見られるコーナーが多数あり、“一度ファンになったらなかなか抜けられない”といわれるほど、ファンのハートをわしづかみにしている。TERUさんの天然キャラも知られた話ですし、”かわいいおじさん”として認識されている。最近のお騒がせぶりも、ファンは温かい目で見ていますよ」(音楽ライター)

 26日には新曲「元号」を配信リリースし、5月からはホールツアー『GLAY LIVE TOUR 2019 -SURVIVAL- 令和最初のGLAYとHEAVY GAUGE』をスタートさせるGLAY。「乗っかりビジネス」「金爆とやってること同じ。GLAYがやるとダサい」「完全にネタバンドになったな」といった声も上がっているが、ファンにとってはどこ吹く風のようだ。

最終更新:2019/04/08 15:00
こんな記事も読まれています

GLAY・TERUは”かわいいおっさん”!? 「Dancyu」で“のり弁愛”語るのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

超問題作で大型新人監督がデビュー!!

 障害を抱えた兄妹が、犯罪に手を染めることで生きていく。片山慎三監督のデビュー作『岬...
写真