日刊サイゾー トップ > 芸能  > 『オールスター後夜祭』が攻めすぎ

Mattの加工インスタを盛大にイジる!?『オールスター後夜祭』が攻めすぎだと話題

Mattの加工インスタを盛大にイジる!?『オールスター後夜祭』が攻めすぎだと話題の画像1
『オールスター後夜祭』 TBS公式サイトより

 4月6日に56回目となる『オールスター感謝祭』(TBS系)が放送された。今年も「赤坂5丁目ミニマラソン」や「プレッシャーアーチェリー」などの定番企画で視聴者を沸かせていたが、同番組の後に放送された『オールスター後夜祭』(TBS系)も大好評。攻めた企画の数々で人々の注目を集めている。

 有吉弘行と乃木坂46・高山一実が司会を務める『オールスター後夜祭』。今回は合計156名の芸人が集結し、バラエティー番組の定番“早押しクイズ”が行われた。しかし問題の内容がいずれもかなり斬新で、「この中で“もとや”はどれ?」「この中で“ドン”はどれ?」といった4択のクイズが。「マットじゃないのは?」というクイズでは、モデル・Mattのインスタ写真が使われ、正解の写真はバービー人形の“ケン”だった。

 以前から「写真が加工しすぎで人形みたい」と言われてきたMattをイジるような問題に、視聴者からは「いきなり攻めるなぁ」「写真のチョイスに悪意しかない(笑)」「難問過ぎる」といった声が。ちなみにMattも自身のインスタグラムで「面白すぎ」と反応していた。

「その後も同番組はかなりやりたい放題な雰囲気で進行。デスメタルにアレンジされた歌の原曲を当てる問題では、有吉が『もし正解ならば10万円差し上げますけど、もし不正解の場合は退場です』と宣言しました。さすがに冗談だと思われたのですが、外してしまった流れ星のちゅうえいが本当に退場。また相方である瀧上伸一郎の妻がなぜか水着で登場し、芸人が服を脱ぎながら競争する企画で放送禁止用語を連発する暴走っぷり。中には『感謝祭』より『後夜祭』を楽しみにしている人も多いようで、『むしろ“後夜祭”が本編』『思わず録画しちゃった』『ちゅうえい輝いてたなぁ』との声が。今回で3回目となる『後夜祭』ですが、大成功に終わったようです」(芸能ライター)

『後夜祭』は以前から「攻めすぎ」と話題になっており、前回は“東京03紳助ネタ”を取り上げて視聴者をざわつかせていたという。

「2009年の『感謝祭』で島田紳助が東京03を恫喝していたと話題になりましたが、昨年秋の『後夜祭』では、恫喝事件のパロディーだと思われるワンシーンが。有吉がお笑いトリオ・ハナコに掴みかかり、東京03の“名場面”を再現していました。これに視聴者からは、『有吉それイジって大丈夫なのか?』『怖いものナシかよ……』との声が。ちなみに有吉はその後、Twitterで『オマージュできて幸せでした。で、オマージュって何?』などとつぶやいています」(同)

 深夜番組らしいギリギリの企画で注目を集める『後夜祭』。芸人たちが一際輝ける番組でもあるので、ぜひとも長く続いてもらいたい。

最終更新:2019/04/08 15:30
こんな記事も読まれています

Mattの加工インスタを盛大にイジる!?『オールスター後夜祭』が攻めすぎだと話題のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

韓国版「東武WS」の廃墟感

 ソウル市のお隣・富川(プチョン)市にある、...…
写真
インタビュー

姫乃たま×河崎実対談!! ファンも絶句した『シャノワールの復讐』の衝撃

 棒のように生きる男の生き様を描いた『棒の哀しみ』(94)という、神代辰巳監督の晩年...…
写真