日刊サイゾー トップ > 芸能  > 有吉弘行の“ポケットゲロ伝説”

有吉弘行が芸能界で覇権を握る!? NHKのレギュラーが決まり、掘り起こされる「有吉伝説」

太田プロダクション公式サイトより

 有吉弘行がMCを務める『有吉・○○のお金発見 突撃! カネオくん』(NHK)が、今年4月からレギュラー化。有吉が芸能界で覇権を取らんばかりの活躍を見せるなか、ネット上では改めて彼の“伝説”が再注目されている。

 同番組はおカネ大好きなキャラクター“カネオくん”が、おカネの秘密を解明する“おカネ教養バラエティー”。昨年は『有吉・福くんのお金発見 突撃! カネオくん』『有吉・望結ちゃんのお金発見 突撃! カネオくん』などが特番として放送され、“アイドル動物の経済効果”や“花火のお金事情”など様々なテーマを取り上げていた。

 そんな『有吉・○○のお金発見 突撃! カネオくん』がレギュラー化されることで、有吉はNHK番組のレギュラーMCを務めることに。彼は日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京でもそれぞれ冠番組を持っており、主要なテレビ局を制覇したことになる。

「数々の人気番組で司会を務めている有吉ですが、NHKのレギュラーMCを務めるのは初めてのこと。これにネット上では、『有吉働きすぎだろ』『有吉の時代がきたな』『もう犯罪とか起こさない限り干されなそう』と盛り上がりを見せていました。司会者としての有吉のすごさが語られるなか、過去に彼が生放送で残した“伝説”について語る人も。『有吉のゲロ掴みポケットは伝説』『このまま芸能界のトップにたっても、ゲロポケットは語り継がれるべき』といった声が上がっていました」(芸能ライター)

 有吉の“ゲロ掴みポケット”とは、かつて彼が『虎の門』(テレビ朝日系)という生放送番組でやらかしたちょっとした放送事故。番組では“本物の泡盛を飲んでいるのは誰か”を当てる企画が行われたのだが、体調が悪かった有吉は飲む前に嘔吐してしまった。しかし彼はその嘔吐物をとっさにポケットの中へ。この行動は後々まで、有吉の“伝説”として語り継がれてる。

「以前放送された『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)でも、土田晃之が有吉のゲロポケット事件について言及。とっさの判断で嘔吐物を隠し、何事もないように仕事を全うした有吉を絶賛していました。適当な発言や毒舌キャラで知られる有吉ですが、実はかなりプロ意識が高い芸人。基本的にどんな仕事も断らず、打ち合わせやリハの30分前には収録現場の近くに来ているそうです」(同)

 とある番組では、千原ジュニアに“ただの人格者”とも称されたことがある有吉。そんな彼の隠れた努力が実を結び、今の活躍があるのだろう。

最終更新:2019/02/19 17:40
こんな記事も読まれています

有吉弘行が芸能界で覇権を握る!? NHKのレギュラーが決まり、掘り起こされる「有吉伝説」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

姫乃たま×河崎実対談!! ファンも絶句した『シャノワールの復讐』の衝撃

 棒のように生きる男の生き様を描いた『棒の哀しみ』(94)という、神代辰巳監督の晩年...
写真