ホントにうまいのか? 珍級グルメハンター第104回

初デートにも使える! 普通じゃない「台湾式揚げパン屋」って!?

2019/04/10 16:00

エビチリにメンチ、煮ブタは普通だけど、その姿は!?

台湾生まれ日本育ち、アジアンメニューはだいたい美味しい

 春とはいえ、その日はかなり寒い日だった。拳を握りしめ、JR鶯谷駅からラブホ街を抜けて向かったのは、陸橋の向こう側にある狭い路地。そこに変わったパンが食べられる店があるという。

「パン」というからには、パン屋かと思うだろうが、ちと違う。揚げた食パンの中に具材を詰め込んでいるのだが、サンドイッチでもなければ揚げパンでもなく、かと言えば、どっちでもあるようなこんなやつ……?

 そう、今日はこれを食べに来たのだ!

 これは、台湾のB級グルメで「棺材板や官財板(カンザイパン)」と呼ばれるもの。見た目はモロ揚げた食パンなのだが、切り込まれたフタを開けると、そこにはホ~ラ……。

 どう? 見て見て見て、豚の角煮に甘しょっぱいタレが絡みつき、ゆで卵のトッピングまで。

 スプーンで角煮をひとさじすくうと、トッロ~ンとタレがまとわり付いてくる。しかも、パンは揚げたて、角煮もアッツアツなので、カメラを向けると、レンズが曇って……。

最終更新:2019/04/10 16:00

人気記事ランキング

人気キーワード

続きを読む